ここから本文です

知人から、相続放棄の文書の相談を受けました。こちらの書き方で正しいか、ご確認...

アバター

ID非公開さん

2016/8/1809:21:02

知人から、相続放棄の文書の相談を受けました。こちらの書き方で正しいか、ご確認お願いします。

文頭の「相続な」→「相続に」、文の始めは1マス開けるなどは分かりますが、法的な用語や書き方がこちらでよいのか教えて下さい。お願いします。

相続放棄,書き方,文頭,家庭裁判所,文書,用語,想像放棄申述受理証明書

閲覧数:
257
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2016/8/1809:48:09

この文書に相続放棄の申述書の受理書のコピーを添付すれば良いですね。
「相続財産管理人につきまして・・・」以降はなくてもよいと思います。
あってもいいですけど。

アバター

質問した人からのコメント

2016/8/18 10:37:26

ありがとうございます。大変助かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iph********さん

2016/8/1810:02:22

こんな文章無意味。
相続放棄は家庭裁判所へ相続放棄の申術をし裁判所が受理してはじめて成立する。それか唯一の方法。
私分書で放棄しましたなどと書いても全く意味なし。債権者に放棄の事実を伝えたいなら申術の上、裁判所から届く受理通知書のコピーを送ればいいだけだ。受理証明書の発行の必要すらない。

jkw********さん

2016/8/1809:38:00

家庭裁判所で相続放棄をしたのなら家庭裁判所で想像放棄申述受理証明書

を受け取るといいでしょう。

無意味な文章です。

アバター

ID非公開さん

2016/8/1809:33:57

文章自体はこれでいい。

1点気になるのは、本当に家庭裁判所に相続放棄の申述をしたのか?っていうこと。
相続放棄は素人さんが勘違いをしていることが多いので。
それがクリアされてるなら、この文章でいいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる