ここから本文です

中国雑技団はこんなガッツリ倒立止めれるのに、最近の男子体操中国代表選手はなん...

kws********さん

2016/8/2102:42:41

中国雑技団はこんなガッツリ倒立止めれるのに、最近の男子体操中国代表選手はなんでたまにちょこちょこ倒立の収まりが悪い時があるんですか。

一人っ子政策で甘やかされて育ったのでここぞと言う時のメンタル面が弱いんでしょうか。

倒立,中国雑技団,一人っ子政策,男子体操中国代表選手,メンタル面,正しい倒立,体操競技

閲覧数:
319
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

idu********さん

2016/8/2709:29:54

確かにこのところの中国の体操競技レベルは下がってきた印象があります。

以前は必ず金メダルにいちばん近い国でした。

なぜか詳しく分りません。そのあたりの詳細は国の完全情報規制により他国に漏れることには厳しい姿勢と思います。しかし最近は世界的に各情報を知ることのできるメディアの発達もあり、中国の選手養成教育の光と影の部分を暴露していました。

その情報の信頼性は私にはわかりませんが、メダル受賞後は国が冷たいとなれば、そのメダリストの生活は練習漬けの日々だったため、井の中の蛙、就職も困難でしょうし、コーチとしても要員があふれていれば、その道も生かせません。路頭に迷うということも事実なのかもしれません。

このような流れが、もし今の中国の実態であるなら、大きな要因といえると思います。

ただし、体操競技選手の世界レベル水準にある人が正しい倒立が出来ないというはずはまずありません。正しい倒立は、基本中の基本、体操初心者が上に上がってゆ
く登竜門です。3秒から始まり10秒---1分とレベルが上がってゆきます。
倒立が試合中に乱れる。これは確かに積み上げてきた練習の弱点の暴露といわれても仕方のないことだといえます。

  • 質問者

    kws********さん

    2016/8/2712:14:24

    引退後の華やかな生活が中国のスポーツ選手にとってのチャイナドリームだったのかも知れませんが、引退後路頭に迷うのが事実なら中国式スパルタ練習をあえて望む人は少なくなりますね。
    北京五輪辺りの中国体操代表は倒立で乱れたりはせず、加点はしっかりとり、最後の着地まで完璧に止め審判にガッツリアピールする強さがありましたが、最近の中国はそういう強さが感じなくなったように思います。
    回答ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる