ここから本文です

障害年金について

ume********さん

2016/8/2513:11:21

障害年金について

主人が難病で難聴の為
障害者手帳4級を持っています。

今現在、肢体不自由の為
3級の申請中です。

障害年金を申請しようと思っているのですが
労務士を通さず申請するのは難しいですか?

ご自分でされた方がいらっしゃいましたら
手続きの手順を教えてもらえませんか?

また、労務士に頼むメリットなど教えてもらえませんか?

閲覧数:
566
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jyu********さん

2016/8/2514:08:56

私は脳梗塞の後遺症で麻痺があり身体障害者手帳1種1級・20歳前の障害基礎年金1級を受給しています。
>今現在、肢体不自由の為3級の申請中です。
●障害年金は、認定基準に照らし合わせて該当する等級で認定されますので、等級を指定して申請する事はできません。
3級は、初診日時点で厚生年金又は共済年金に加入していた時に受給できる等級です。
もちろん、初診日が20歳到達以降にある場合は、初診日前日においての国民年金納付要件を満たして、原則として初診日から1年6か月経過している事が条件です。

私は22歳の時に自分で申請して、2年間の遡及請求と永久認定が認められましたので、必要な書類が全部自分で揃えられれば、ほぼ診断書の内容で決定されますので、誰が申請しても結果は同じです。
受診状況等証明書の作成が困難だったり、重度の障害で自分で手続きができないような時は社労士に依頼すると必要な書類を揃えてくれて、申請の代行をしてくれますが、認定基準に該当しない程度の人を受給できるようにしてくれる訳ではありません。

>手続きの手順を教えてもらえませんか?
●まずは、お近くの年金事務所でご相談ください。
国民年金納付要件が満たせれば、申請に必要な書類がもらえますので、その時に申請の仕方を教えてもらってください。

>障害者手帳4級を持っています。
●障害者手帳と障害年金は全く違う制度で、認定基準も異なりますので、等級は必ずしもリンクしません。

>また、労務士に頼むメリットなど教えてもらえませんか?
●先に記した通り、必要な書類が揃えられなかったり、自分で申請が困難な時に依頼すると、申請の代行がしてもらえますので、受診時以外は自宅にいながら申請をしてもらえます。
中には、社労士に依頼すれば受給できる。と思っている人もいるようですが、診断書を加筆したり訂正してくれる事はありませんので、必ずしも受給できるようになる訳ではありません。
肢体不自由の場合は、関節の可動域・筋力・日常生活動作等から総合的に判断して決定されます。
私は、自力で歩く事もできないため、数年前に額改定請求を社労士に依頼して申請の代行をしてもらいましたが、診断書の内容は1級に相当するものでしたので、例え自分で申請したとしても結果は同じだったと思います。

障害年金の申請には沢山の書類が必要で、面倒に感じる人もいるようですが、決して難しいものではありません。

無事に申請できて受給できると良いですね。
どうかお大事になさってくださいね。

  • jyu********さん

    2016/8/2522:16:02

    難聴と肢体不自由で申請する場合は、聴覚の障害用と肢体の障害(障害の部位別)の診断書が必要になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる