ID非公開

2016/8/27 11:56

22回答

離婚の年金分割について相談させて下さい。 夫は自営業者なので、国民年金基金に加入しています。 私は、会社員で、厚生年金に加入していました。

離婚の年金分割について相談させて下さい。 夫は自営業者なので、国民年金基金に加入しています。 私は、会社員で、厚生年金に加入していました。 財産のうち、年金については、私の年金を分割される事になると思うのですが、 夫の国民年金基金は年金分割の対象外です。 家庭裁判所で審判になった場合、どんな判決が下りるのか教えて下さい。 判例などありましたら、お願いします。

補足

詳しく教えて下さり有難うございます。 年金分割の概要は把握しているのですが、現行の制度においては、 年金の少ない私から年金記録を奪うことになりますので、 相手の国民年金基金を公平に分与するには、どんな判断が下されるのか、 判例などありましたら知りたいと思いました。 今迄の財産分与において、年金分割対象外の年金問題が どう解決したのか参考にしたいと思いました。 宜しくお願いします。

年金 | 法律相談374閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

調停→審判→裁判 質問者は年金分割を請求されたら、最終的には裁判まで進む覚悟でいるということなのでしょうか? 年金分割はまずは家裁に調停を申立てし、調停員により按分を調停してもらいます。調停が決裂した場合、審判となり家裁の裁判員に按分を決定してもらいます。 これが決裂したら、裁判による判決です。 審判・裁判は相手方の所得状況等も考慮されるので、必ずしも50%にはなりません。もちろん国民年金基金に加入していることによる上乗せ支給は考慮対象になります。しかし、どれくらい考慮されるかは判断できません。あなたの報酬が低い額であれば分割にならないときもあります。 ただし、平成20年以降の3号分割制度に限定しての年金分割を夫が請求した場合、この期間は50%の分割を免れることはできません。であれば離婚を遅らせることは得策ではありません。 それよりも、収入のある夫が年金分割請求をするのですか? 3号分割であっても、夫が年金事務所に請求しないかぎり、あなたの報酬が分割されることはありません。 私の年金が分割されることになる・・とありますが、夫が請求しないかぎり分割はありませんよ。

ID非公開

質問者

2016/8/27 18:48

アドバイス有難うございます。 調停は間もなく不調になります。 一か八かになりますが自分の少ない年金分割を差し出すことで、 相手の年金基金も公平に分与される結論が出されないかと思いました。 そんなことで判例などあったら知りたいです。

その他の回答(1件)

0

離婚時の年金分割制度は、2段階で導入されます。まず、第1段階は、平成19年4月以降に離婚した場合に適用されます。結婚したときに遡って離婚するまでの婚姻期間中、厚生年金に加入していた期間について、年金(報酬比例部分)を分割できます。 正確には、「年金を分割する」のではなく、厚生年金の被保険者期間中の「保険料の納付記録を分割する」ことになり、分割を受けた側は、分割された分の保険料を納付したことになるわけで、自分の名義で年金が発生します。したがって、年金を受給できる年齢になると、分割された側はその分年金額が減ってしまい、分割を受けた側は、その分増えた年金を受給できることになります。 なお、分割割合については、5割を上限とし、夫婦間での話し合いか、裁判所の決定が必要になります 第2段階は、平成20年4月に導入されるいわゆる「3号分割」制度です。これは、平成20年4月以降に離婚した場合、平成20年4月以降の第3号被保険者期間のみを対象としており、厚生年金(報酬比例部分)の半分が自動的に分割されるという制度です。 こちらは、第1段階と違って、夫婦間の合意や裁判所の決定の必要はありません。なお、この2つの制度で分割されるのは、厚生年金や共済年金の報酬比例部分のみです。したがって、国民年金の老齢基礎年金は分割されません。また、平成19年4月以降の第1段階では、自動的に年金の半分が分割されるわけではなく、夫婦間の協議によって、半分を上限に分割割合を決定するという点に注意が必要です。 公的年金の中でも,国民年金,国民年金基金,厚生年金基金,確定給付企業年金,確定拠出年金(401k)は年金分割の対象とはなりません。 私的年金(民間の生命保険会社の年金保険など)も,年金分割の対象とはなりません。 平成27年の司法統計によりますと,離婚後の年金分割の調停・審判では,年間に終了した2453件の内2359件(96%)が,按分割合0.5(50%)で解決しています。 その中でも,裁判所が審判を下した1501件では1487件(99%)が,按分割合0.5(50%)となっています。 離婚調停(審判)で離婚と同時に按分割合を定めた場合も,8396件中8269件(98%)が,按分割合0.5(50%)となっています。

<相手の国民年金基金を公平に分与するには、どんな判断が下されるのか、> 質問にも回答にも記載していますように。年金分割の対象とはなりません。 <年金の少ない私から年金記録を奪うことになりますので> 解答内に記載していますように、少ないかどうかは判断しません。婚姻期間中、厚生年金に加入していた期間について、年金(報酬比例部分)を分割します。