ここから本文です

警察用語で刑事をデカ、犯人をホシ、と言いますが。 この、語源を教えてください!

idfukurouさん

2008/5/708:15:19

警察用語で刑事をデカ、犯人をホシ、と言いますが。
この、語源を教えてください!

閲覧数:
31,792
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ainori_dewiさん

編集あり2008/5/714:57:11

デカ
デカとは、刑事・警官のこと。
【年代】 明治時代〜 【種類】 −
デカの解説
デカとは刑事巡査・警官という意味で明治時代から使われる言葉である。
デカと呼ぶようになる理由は諸説あるが、いずれも和服の一種「角袖(かくそで:本来、着物の袖の形状を意味するが、
多くは防寒・防雨用の和装コートを指す)」からきている。当時、制服を着用せず、角袖など和服を着ていた刑事を
「角袖」「角袖巡査」と呼んでいた。ここから角袖(かくそで)をひっくり返し、略したデカと呼ぶようになる。
このため、現在もデカは私服刑事に使われ、制服を着用した警官に使われることは少ない。
デカは当初、犯罪者が使った隠語であったが、後に不良少年または小説・映画などから一般にも普及。
「刑事」と書いてデカと読ませる作品も多い。
http://zokugo-dict.com/19te/deka.htm
http://gogen-allguide.com/te/deka.html
ホシ
警察用語に「ホシ=容疑者」と言う隠語がある。
古い刑事用語で(目星)の上略語とされ、古くには「ホシをつける=容疑者を推定する。
ホシがつく=容疑が固まる」などの用法もあった(隠語辞典・東京堂出版)
・ホシ
犯人 「犯人の目星」から
http://blog.goo.ne.jp/sakura707_2006/e/ff2fa1a25ad77be51dc1f2a17844...
「犯人」は何故「ホシ」なのだろうか。これも略語で「犯人の目星がつく」の「目星」を省略して出来たものです。
刑事を指す「デカ」も一種の略語。明治時代の刑事の制服は角袖の和服。この「かくそで」が「くそでか」となり
「くそ」が省略された言葉。
http://209.85.175.104/search?q=cache:NaTWK60Ecq8J:homepage2.nifty.c...ホシ 犯人 語源&hl=ja

質問した人からのコメント

2008/5/11 15:51:29

驚く ありがとうございました。
詳細な内容で、よく判りました!
URL参考になりました。

「デカ 語源」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。