ここから本文です

黒澤映画が好きな人に質問です。

pst********さん

2016/9/316:43:36

黒澤映画が好きな人に質問です。

氏の時代劇には、あきらかに時代考証を無視しているとしか
思えない設定が出てくるのですが、
・用心棒にでてくるリボルバー式ピストル
・兵農分離なんて微塵もない戦国時代の七人の侍
など。。。黒澤さんって歴史的なディテールには興味
なかったんですか?

閲覧数:
80
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eas********さん

2016/9/317:03:53

「影武者」でも天守閣が出てくるので、「あの時代には天守閣などなかったはず」と問われたら、「それでは絵にならない」などと答えていた。
彼にとっては、事実よりも、絵になるかどうかの方が重要だったと思える。
「七人の侍」の農民たちも、完全に戯画化された近世農民の姿で、とうてい戦国時代の農民とは言えない。しかし、リアリティのある映画であるため、それが事実だと誤解する観客がいるのが困る。

質問した人からのコメント

2016/9/4 01:29:36

なるほど、よくわかりました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nrg********さん

2016/9/318:51:07

嘗て、貴方と全く同じ質問を黒澤監督にした評論家が居り『もう一度ジックリ作品を御覧になっては如何ですか!』と一蹴された事をご存知でしょうか。

桜田門外の変の時、井伊直弼を狙撃した関鉄之助の所持していた拳銃を調達したのが、中居屋重兵衛であり、彼の出身地が群馬県の嬬恋村でした。
『用心棒』の舞台は上州群馬県で、丑寅一家の「新田村」から丁度十里ばかり離れた宿場の町役人を殺させたのが『嬬恋村』なのです。

卯之助の首に巻いているスコットランドチェックのマフラーはこの当時横浜でしか手に入れる事が不可能でしたし、同郷の誼で横浜で手広く貿易商を営んでいた重兵衛に頼み込んで手に入れる事が出来た代物の拳銃だったのです。

これ等の事柄を礎に小道具を設定した事をご存知無いのではありませんか。

『七人の侍』の時代設定は単に漠然と戦国時代としているのではなく、正確に指定している事をご存知無いのではないのでしょうか。

後少なくとも100回は腰を据えて鑑賞する事を要望するものです。

黒澤監督ほど『時代考証』に意を注いだ映画人は他には存在しませんから。

ついでに一つ質問です。『影武者』で岐阜城の天守で信長が着ている羽織の家紋が
織田家の「五つ木瓜」ではなく「五三の桐」なのでしょうか。
ヒントは織田信長の肖像画です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる