ここから本文です

3.5mmステレオケーブルを30mに延長したいのですが、延長ケーブル15m×2 で延長でき...

aya********さん

2016/9/410:53:51

3.5mmステレオケーブルを30mに延長したいのですが、延長ケーブル15m×2 で延長できますか?

途中にミキサーなどをはさまないとだめですか?

閲覧数:
87
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

HobbyPAmanさん

2016/9/411:03:22

そのケーブルに通す信号が、どういう信号なのかと
意味的に重複しますが、信号を出す方の機器と受ける方の機器が、具体的にどういう物なのか
・・・によりますね。

ヘッドフォンの信号で、送り側は3.5mmステレオのヘッドフォン出力端子、受け側はヘッドフォンかイヤホンを直接繋いで鳴らす・・・ということなら、音質や音量は多少下がるでしょうが、聴くこと自体は何とか可能でしょう。
ただ、音量劣化をカバーする必要があるなら、送り側が有る程度高出力でないと手の打ちようが無いので、送り側にヘッドフォンアンプかそれに類する機器が無いと、実用に耐えない可能性はあります。
このケースだと、送り側の機器次第。

送り側が3.5mm端子のプラグインパワーマイクで、受け側がマイク端子で、要は録音機器から30m離れた場所のマイクの音を有線で拾おう・・・ということだと、そのままではうまく行かない可能性が高いです。
ミキサーというかマイクプリアンプを送り側に設置して、マイクレベルでは無くラインレベルの信号にしてやらないと、実用に耐えないでしょう。

まぁ、どういう機器間を30m離して繋ぐのかがハッキリしないと、なんとも言えません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cla********さん

2016/9/411:30:24

送り側が3.5mm端子のプラグインパワーマイクの場合、ケーブルの品質が悪ければ3mでもノイズを拾って使い物になりません。

15mケーブルというのが各種出ているようですが、それぞれ品質に差があるので、延長しなくても目的によっては使えないことがあるでしょう。

その上で、十分な品質のものでも、マイクで30mはちょっときびしいのではないかと言うことです。

2016/9/411:19:27

ケーブルには電気抵抗が存在しますので、延長による抵抗で信号レベル低下があるものと考えられます。それと、ノイズに対しても弱くなるので「音は出るけど雑音も増えた」となる事も避けられません。
(物理的につなぐ事はできますが、実際の音出しの運用では障害が出る)
途中にバッファーアンプを挿入すると音質劣化を避けられますが、一般には売っていません。(オーディオ用に有るのですが、高音質を目的として作られた物であり、バカ高いのとその能力には疑問な点が多いので勧められません)
******
とりあえずは、延長してみて、実際に音出しを行い、運用に問題無ければそのまま使う事です。しかし、障害が発生するリスクが有ることも知った上で使うことになります。
事前対策としては、断面積の太いケーブルを使う事、15mで継ぎ足しせず30m1本で済ます などです。
あと3.5mmステレオケーブルそのものが30mある既成品は中々見つからないと思いますので 一旦、RCA(ピンケーブル)に変換し、ステレオピンケーブルで30m延長し、ミキサーで受けると良いと思われます。
変換ケーブルの例)
JVCケンウッド CN-2010A

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる