ここから本文です

プリント基板の実装時に使用するメタルマスクに関する質問です。

lov********さん

2016/9/1314:32:56

プリント基板の実装時に使用するメタルマスクに関する質問です。

私が勤めている会社はプリント基板の設計をしているのですが、
先日、設計に必要な部品データを作成している際に、
メタルマスクについて気になったことがあります。

例えば、レジストは製造上、基本的に0.15mm(最低最小は0.1mm)必要で、
そのことをレジストダムと習いました。

ですが、メタルマスクについては、メタルダム(言い方は合っているんですかね?)は、
製造上、実装上、どの程度必要なのでしょうか。

もちろん、部品のランドやレジストなど、様々な要因があるかと思いますが、
あくまでも、メタルマスクのことだけを考えた場合としてください。

閲覧数:
171
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2016/9/1317:41:34

メタルマスクの厚みx開口面積がハンダ量になるわけです。
メタルマスクはステンレス板で厚みは0.05~0.20mm程度、
どの厚さにするかは使用するIC部品の足ピッチや
抵抗、コンデンサの大きさによります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる