ここから本文です

奥田英朗の「邪魔」を読んで、登場人物たちは結局、どうなったの?と疑問だらけに...

advance8769さん

2008/5/1100:40:39

奥田英朗の「邪魔」を読んで、登場人物たちは結局、どうなったの?と疑問だらけになったのは私だけでしょうか。私がよく読みきれていないんでしょうか。

閲覧数:
2,149
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/5/1102:38:00

質問者の感想や疑問はよくわかります。

奥田英朗さんは、自分でも告白しているとおり「プロットを立てずに書き進める」作家です。
書いているうちに、物語自体が、登場人物自身が勝手に動きだして、
その流れのままに書いていくというスタイルですね。

大長編の「邪魔」においても、このような書き進め方だったと思いますので、
おそらく、作者も予想していない展開になっていったのでしょう。
そういう意味で、私は、この作品を一般的なミステリや推理小説とは
違うカテゴリーの読み物だと思います。

つまり、作者の意図は「謎解き」や「解決」ではないところにあるのですね。
普通の人たちの中に潜む悪魔的な心理を描くことが目的だったのでしょう。

“どうなったの”を探し出すのではなく、
“どうなるんだろう”を楽しむ小説ではないでしょうか。

私も読後に???となりましたが、
それとは別に、上記のような読み応えという点では満足しました。

質問した人からのコメント

2008/5/11 17:08:03

降参 ご意見、ありがとうございます。
なるほど、確かにどうなるんだろうとドキドキしました。
???は、私だけではなかったのですね。少し安心しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。