ここから本文です

こんにちは、大学生です。

アバター

ID非公開さん

2016/9/1801:08:47

こんにちは、大学生です。

現在卒業論文に取り掛かっていて、興味を持ったアイヌ人、アイヌ文化や旧土人保護法などについて取り上げたいと考えています。
しかし、テーマ設定の条件として、まだ解明されてない事柄、もしくは研究の浅い分野について考察しなければならないというものがあり、具体的なテーマを設定することに非常に難航しています。アイヌ関連のものでまだ研究の浅い分野、論文が書けそうなテーマがあれば、提案したいただけると助かります。

もちろんそこから自分で考えなければいけないことは承知していますが、今のままでは時間ばかりいたずらに浪費してしまい、一向に進まないので、なにか取っ掛かりになるようなアドバイスでも頂けたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
195
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2016/9/2113:54:12

まだ研究の浅い分野、論文が書けそうなテーマだったら、
こちらを読んでみましょう
http://ci.nii.ac.jp/naid/120005739057/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aqu********さん

2016/9/2223:14:19

↓こちらでいろいろな回答がされていますので、参照してみてはいかがでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1116456788...

現代の本土日本人に伝えられた縄文人ゲノムの割合は「15%」程度、「東ユーラシア人」の中で最初に分岐したのは「縄文人」

●総合研究大学院大学のプレスリリース(2016年9月1日:報道発表)が出されました。
---------------------------------------------------------------
「縄文人」の「核ゲノム配列」をはじめて決定、

「東ユーラシア人」の中で最初に分岐したのは「縄文人」だった

↓「総合研究大学院大学のプレスリリース(2016年9月1日)」
http://www.soken.ac.jp/news/30232/

---------------------------------------------------------------

↓国立遺伝学研究所(2016年9月1日)
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2016/09/research-highlights_ja/2016090...

↑国立遺伝学研究所集団遺伝研究部門および総合研究大学院大学遺伝学専攻の斎藤成也教授らのグループは、福島県北部にある三貫地貝塚から出土した縄文時代人(縄文人)の歯髄からDNAを抽出して、核ゲノムの一部を解読することに成功しました。

↑これまで縄文人のDNAについては、ミトコンドリアDNAの情報しか得られていませんでした。今回、ミトコンドリアDNAの数千倍にあたる核ゲノムのDNA配列1億1500万塩基対を決定しました。このゲノム情報を、現代日本列島人と比較解析したところ、縄文人はアイヌ人にもっとも近く、ついでオキナワ人、そしてヤマト人(アイヌ人とオキナワ人を除く日本列島人)に近縁であることが明らかになりました。さらに、縄文人は、現代人の祖先がアフリカから東ユーラシア(東アジアと東南アジア)に移り住んだ頃、もっとも早く分岐した古い系統であること、そして、現代の本土日本人に伝えられた縄文人ゲノムの割合は「15%程度」であることが明らかになりました。

↑今回、縄文人の核ゲノムの一部が解読されたことによって、縄文人が現代の東アジア人と比べて遺伝的に特異な集団であったことが明らかとなりました。今後、縄文人ゲノムデータを充実させ、それらを比較解析することによって、縄文人のたどった進化史が明らかになり、日本列島人の起源と成立を知ることにつながると期待されます。

↓「縄文人」は、現生している地球上のいかなる民族集団とも、無関係であることが判明し、報道発表されています、「総合研究大学院大学のプレスリリース」より

↓こちらでいろいろな回答がされていますので、参照してみてはいかがでしょう。...

dos********さん

2016/9/1821:40:23

論文はテーマを設定するまでが8割、あとの2割で書くといったような例えをきいたこともありますが、やはりテーマ設定はだれにとっても辛く苦しいものです。

かりにここで漠然としたテーマが集まっても、そこから論文を書き上げるまでの具体的な問題点の設定をするには現状とあまり変わらない苦しみを経なくてはいけません。

ほかの回答者さんがおっしゃるとおり、どんなことであっても視点によっては深く追求すべき未解明、不十分の点だらけですから、大きなテーマを「アイヌ」ときめているならば基本的な論文(学問領域は決めてもいいかもしれません、文化人類学とか社会学とか言語学とか)を何本か読んで、そこから気づいていくしかないと思います。

ご進学されるかはわかりませんが、卒業論文は大学生活の集大成ですので、ぜひ手を抜かずに最後までがんばってくださいね!がんばって努力して書き上げた時の達成感は一生の宝ですが、手を抜いて中途半端なものを出したときの後悔も一生ものです。

ann********さん

2016/9/1805:12:08

先行論文が百本有っても、それを浅いと思うなら、
まだ研究の余地がある分野なんですよ。
やりたいと思うテーマの先行研究を調べて、
まだ掘り下げられると思えば、それをテーマにするんです。

貴方の才能次第で、どんなテーマも「まだ浅い」んです。
逆に貴方が無能なら前人未到のテーマでも「書けない」でしょう。

貴方がすべき事は、
まずアイヌ関連の論文を20~30読むこと。
あと、卒論を書くには、
同じテーマの先行論文は全て読むのが基本ですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる