ここから本文です

特別養子縁組で迎える子どもの生まれてきた事情を知ることはできますか?

プロフィール画像

Yahoo!スタッフ

jpkodomo_engumi_questionさん

2016/9/2116:26:35

特別養子縁組で迎える子どもの生まれてきた事情を知ることはできますか?

長い間、不妊理療を続けてきましたが、ようやく気持ちを切り替えて特別養子縁組で赤ちゃんを迎える決心をし、民間の支援団体で登録手続きを進めています。団体からは赤ちゃんの性別や肌の色、病気の有無についても希望は出せないと説明を受けています。肌の色や性別は全く構わないのですが、病気についてはお母さんからの遺伝もあることを考えると、将来に備え産みのお母さんや血縁親族の方の病歴についても知りたいと思っています。また、子どもへの真実告知を行うように求められていますが、将来「どうして養子になったの?」「なぜ本当のお母さんは自分を育てられなかったの?」と聞かれた時にできるだけ真実に沿って答えてあげられるよう、赤ちゃんの生まれた背景や養子縁組となる経緯についても知っておきたいと思っています。団体にこのようなことをお願いしても大丈夫でしょうか?

閲覧数:
584
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

駒崎 弘樹の画像

専門家

2016/9/2116:26:35

小さなお子さんの受診時には、血縁者の病歴を確認されることはよくあることです。お子さんを迎えるにあたり、産みのお母さんやその血縁の方から受け継ぐかもしれない体質について確認することは、とても大切なこと。産みのお母さんへのカウンセリングが適切に行われている養子縁組支援団体であれば、赤ちゃんの委託時には、これらの情報が伝えられるでしょう。

また、お子さんへの真実告知は、養子として迎えられた事実だけを伝えるのではなく成長過程に応じお子さんの「なぜ?」に答えてあげることも重要でしょう。

赤ちゃんの生まれた背景や養子縁組となることの理由について支援団体に尋ねても、何も問題はありません。ただし、開示される情報は、産みのお母さんや関係者へのカウンセリングで聞き取ることができた情報に限られるという理解が必要です。

残念ながら、現在、日本において特別養子縁組における情報開示については定められた制度がないため、各行政や支援団体の裁量に一任されているのが実状です。アメリカなど、養子縁組で子どもを迎えることが通常の実親子同様と認識されている国では、子どもの安定した育成のため、生みの親から聞き取られた子どもに関する基礎的な情報は委託前に必ず開示するという法律が定められているところも少なくありません。

回答した専門家

駒崎 弘樹の画像

駒崎 弘樹

日本こども縁組協会

子どもたちが家庭で育つために養子縁組があたりまえの日本社会を目指して

フローレンス代表理事  駒崎弘樹 1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。