ここから本文です

何故、戦国時代の尾張の兵士は日本一の弱兵と蔑まれたのでしょう?

greatmomo0411さん

2016/9/2122:44:37

何故、戦国時代の尾張の兵士は日本一の弱兵と蔑まれたのでしょう?

織田信長や豊臣秀吉などの天下人を排出し、天下取りの軍団の中核を成したのが尾張兵のはずです。
強兵といわれた甲斐の兵や近江の兵をも打ち破っています。
それなのになんで弱い兵扱いなんでしょう?

閲覧数:
307
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/9/2205:31:45

尾張兵は弱兵だと流布しはじめたのは江戸時代に入ってからと承知しています。
甲斐兵と三河兵はほぼ同じ強さ『甲陽軍鑑』他
三河兵>尾張兵『徳川実紀』『三河物語』
美濃兵>尾張兵「信長記」
近江兵>尾張兵『徳川実記』『三河物語』
上記は歴史好きの方ならご存知の尾張弱兵を示す根拠でしょうか。

関ケ原の戦いで、勇猛な備前兵を率いる宇喜多勢と干戈を交えたのは尾張兵を率いた福島正則ですが、『生駒利豊書状』によれば熾烈な白兵戦を演じています。

強兵とは思えぬが、最弱の兵=尾張兵は司馬遼太郎氏等の歴史小説家によって現在は広く流布してしまったのでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/9/2211:05:40

そこを疑問に思ったなら、その情報の出所を追ってみると
歴史の面白さの一面を垣間見る事が出来るかもしれません。
「尾張の兵は弱兵にて」みたいな文が見受けられる史料の成立年代を知るだけでも
結構色んなものが見えてきて面白いものです。

kasimaya13さん

2016/9/2210:54:16

>何故、戦国時代の尾張の兵士は日本一の弱兵と蔑まれたのでしょう?

根本的には江戸期の創作本で「負け惜しみ」です。

「弱いくせに…鉄ぽうのおかげだろ」

「弱いくせに数だけは多いから」

「弱いくせに・・・」

まぁ弱い兵に順番なんてないでしょう。

勝った兵が強い!

birdea37さん

2016/9/2210:46:57

仲間割れが、よく起きたからです。
桶狭間の合戦のときは尾張の東半分の
兵ら、は今川に味方となり加勢していた
ことで、この合戦が発生した原因だし
、その戦力の、いりようの、たてこんだ
時期でも尾張の北部の武者ら、は
織田信長の従兄弟の犬山城主、織田信清
が信長に反抗し美濃の斉藤義龍の支援で
織田信長と対立した。この時期は
蜂須賀氏も織田の傘下で無かった。
知多郡の水野信元は、桶狭間の合戦後に
織田と松平が小競り合い、して決して
三河勢が尾張勢に屈服しなかったので
知多郡の武者ら水野は尾張と三河とで
日和見を引っ張った。
三方が原の合戦で徳川と織田の加勢が
大敗したため水野信元は、武田に
寝返り、そうだったようで、
織田信長は設楽が原の戦い、の後、
水野を上意討ち、しています。
織田信長が明智に討たれると
丹羽長秀は織田信澄を討ったし
明智が羽柴に討たれると、
織田信長の息子ら、
織田信雄と織田信孝は戦います。
羽柴秀吉と柴田勝家の対決も
尾張者どうし、の争い、です。
尾張は抗争が、頻発するので
外敵と戦う前に内戦で自滅する傾向
に、あったので弱い、ということでしょう。

hjxy1045さん

2016/9/2207:34:27

①江戸時代のお話。「尾張兵は弱いけれども、鉄砲と信長の指揮と、徳川軍の援軍で勝った。」というお話が作られた。お話の中で徳川の三河兵の引き立て役になってたわけだ。

②おそらくだが、幕末明治の戊辰戦争で、畿内~中京は弱いとされてしまった。

※本当に畿内~中部の都会の人間が弱いのなら、今日、甲子園は田舎の高校生がもっと活躍してるだろうが、実際は都会から田舎へ野球留学している。

dajmfdsahnさん

2016/9/2203:04:01

てか、肝心なとこで漢字間違ってるよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。