ここから本文です

夫とお互い弁護士に依頼して離婚協議中です。夫の両親は自営業で夫は青色専従者と...

アバター

ID非公開さん

2016/9/2206:11:42

夫とお互い弁護士に依頼して離婚協議中です。夫の両親は自営業で夫は青色専従者として一緒に働いてるんですが、私も専従者になっていました。課税証明書を取得して分かった事で、27年度の給与支払い額は130万となっ

ていました。

勿論給与は貰っていませんし、専従者にすると一言の断りもありませんでした。別居して住民票を移したのでこれから国保や保育園など色んなものが前年度所得ありで計算されてしまい、無職で本来払う必要のない金額を支払わなければいけません。納得出来ませんので訴えたいと思っています。そこでいくつか質問があります。

弁護士を通して夫との協議の中でこの事を突き付けたのですが、「確かに専従者として届け出をしているが、税理士立会いのもとで経理書類を提示して確認している。その上で免許取得費用、入院費用、国民年金、車検代、自動車税、自動車保険代などに充てております」と回答されました。
切迫早産で1ヶ月入院した時に国保で義両親と同一世帯の為に限度額認定区分が1番高い区分になり入院費用が26万かかりました。世帯分離して限度額を下げると話したら義母から「孫に関する事だし払ってあげるから世帯分離しないでいて」と言われ25万を頂きました。
結婚する時に扶養家族がいる方が税金が安くなるからと夫と私は別の場所に部屋を借りて住んでいましたが、住民票は義実家に置いていました。国保も年金もまとめて払うからと言われ私は払っていません。車検代なども結婚してすぐの時で今回は出しておくからとら言われただけです。その時まだ私は免許を持っておらず、結婚前から夫が乗っていた車の分です。免許取得費用に関してはローンを組んで家計から支払い、義両親には出して頂いていません。

①上記の事で関与しているとみなされ私も責任を負う事になったりするのでしょうか?
②また給与をもらった事になるんでしょうか?税理士立会いで確認と言われましたが、1度だけ義実家に行ってる時に税理士が来られて領収証の仕分けを手伝った事があります。しかし私に関する物は1枚もなく、また私を専従者にしている等の発言はなく、経理書類なども見ていません。

③私が税務署に申告した場合は脱税になりますよね?その場合、どれくらいの追徴課税が課されるのでしょうか?多分ですが、給与申告しているのは1年半で合計180万前後だと思います。
④税務修正され私が専従者としてみなされなくなったら、私は無職という扱いになりますよね。その場合は前年度の所得税などが訂正されますか?

⑤義両親に慰謝料を請求する事は可能でしょうか?
⑥それか給与未払いという扱いでいくらか請求したいのですが、私も脱税に加担した事になってしまいますか?前年度が無職になり非課税になるか、いくらか義両親から払って頂かないとこの先支払いが出来ません。

向こうは税務関係を全て税理士に丸投げしているので、今回の事も税理士と相談して1番ダメージが少ないように動くと思います。それが相手にとってどう動くのか、どれくらいのダメージがあるのかが全く分からないので…
また私はただ税務署に行けば良いのか、法テラスなどで弁護士に相談する方が良いのか全く分かりません。分かる方がおられましたら、宜しくお願い致します。

前にここで夫側からの回答がある前に質問して答えて下さった方がいるのですが、BAを選ぶ前に時間切れとなってしまいました。丁寧に答えて下さったのに申し訳ありませんでした。

閲覧数:
345
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hcr********さん

2016/9/2311:49:36

難しい質問ですね。
それぞれの細かなケースによって判断が分かれる場合がありますので、今後の参考にしてください。

青色専従者に専従者給与を支払っていないというのは明らかに問題です。
専従者給与をもらうか、専従者から外す修正申告を行うか、どちらかは可能だと思います。
あなたにとってはどちらが良いのでしょうか。
「免許取得費用、入院費用、国民年金、車検代、自動車税、自動車保険代」のうち、免許取得費用、入院費用については専従者給与から充てていることの説明はつきませんし、その他の費用についても明らかに130万は超えませんので、差額分だけでも支払われなければ違法です。

①実際に専従者になっていることを知らなかったのですから責任を負う必要はありません。
②現状では税法上、給与を貰ったことになっています。実際は支払われていないため、給与を貰うか、修正申告するかして対応できます。
③脱税になりますね。所得税率にもよりますが、10%とすると180万×10%=18万の追徴課税(所得税)。住民税も10%なので同じく18万。合計36万ですが、加算税がかかると思われます。尚且つ、次年度から青色申告出来なくなる可能性もあります。
④修正申告され、あなたの所得が0となります。
⑤税法上の問題に対して慰謝料は難しいです。適正な給料をもらうか、専従者給与を0に修正申告するかです。
⑥あなたはどちらかというと被害者なので、脱税に加担したことにはなりません。

ご主人に話をしても意味が無いように思いますので、相手方の税理士に相談した方が良いと思います。
実際に専従者給与を貰っていないこと、免許取得費用などは自分で出したこと(領収書などがあればなお可)、残りの国民年金などに充てても差額の給与支払がないこと(充当した金額を計算してください)、適正な給与支払が○○日以内になければ脱税と見なし税務署へ告発すること。
以上のようなことを弁護士、又は新たに別の税理士と相談して、弁護士(税理士)経由で話せば良いかと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2016/9/28 11:48:56

丁寧に回答して頂き有難うございました。まだどうなるか分かりませんが、皆様の回答を参考に頑張りたいと思います。

知りたかった金額などに答えて頂いた方をBAに選ばさせて頂きます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

h23********さん

2016/9/2315:56:07

⓵ないでしょう。

②なる気がします。

③どうでしょう。
あなたが証明できるのはあなた自身がお金をもらっていないという部分でしょう。
あなたと夫の給料をまとめて夫に渡していた。夫はそのお金を生活費に使っていた。というロジックであれば給料を払っていることになります。
よっぽどおかしな税理士でない限り、帳面上の支払はされていると思いますし。
そうなると脱税ではなく家庭内のお金のまわし方の話ですね。

④給料を支払っていないということになれば修正されるでしょう。

⓹無理でしょう。
将来負担が増える分を損害賠償という形で請求するなら理屈は通る気がしますが。

⑥給料未払いなら給料の支払いが行われることを認めることになるので脱税どうこうという話は無いわけですから加担とかいう話にはなりませんね。ただ青色専従者給与の未払いはダメですが。
また、まだ受け取ってないと言っても生活費で使ったと言われれば取り返すのは難しい気がします。


給料をなかったことにするという手続きはかなり煩雑だと思うので税務署に話に行っても大変なだけだと思います。
離婚協議の一部としてお金を上乗せして払ってもらうという決着の方がスマートでしょうか。それなら相談するのは今頼んでいる弁護士さんですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2016/9/2314:54:18

専従者給与を払っていないのに払っているというご主人は脱税をしているようです。

(1)あなたは関係ありません。

(2)(3)あなたの給与は年末調整されているはずですから意味がありません。源泉徴収票をもらってください。

(4)昨年のことは変更できないと思います。

(5)請求することは勝手ですが、もらえるかどうかは分かりません。

(6)従業員でなく専従者なので難しいでしょう。本人と生計が一体ですから。
慰謝料でない給与をご主人からもらうことは問題ありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる