ここから本文です

道衣を着たブラジリアン柔術より裸体のサブミッションレスリングの方がMMAに役立つ...

dsf********さん

2016/9/2411:53:26

道衣を着たブラジリアン柔術より裸体のサブミッションレスリングの方がMMAに役立つのでしょうか?
それならカール・ゴッチはヒクソン・グレイシーより強いのでしょうか?

若干の論理の飛躍はお見逃しください。

閲覧数:
161
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

taw********さん

2016/9/2419:33:07

今ではほとんど同じですが、道着を着ないBJJであるグラップリングと、カールゴッチが継承しているようなサブミッションレスリングは別物です。
サブミッションレスリングはあくまでもそういう競技ですが、BJJは少なくとも初期はストリートファイトを想定したものでしたし、今でもそういう思想が競技柔術のルールに残っています。
例えば、マウントポジションを取ると、四点獲得できます。サイドポジションの場合は三点です。競技の中では、マウントポジションよりもサイドポジションの方が仕掛けられる技が多く、返されにくい体勢です。
それなのにマウントポジションの方が得点が高い理由が、“ストリートファイトなら打撃があるから”です。
柔術にはこういう、ストリートファイトや打撃ありを想定したエッセンスが入っています。

なので、MMAの為に練習するとしても、サブミッションレスリングよりグラップリングの方が為になるんじゃないでしょうか。

中井祐樹氏と増田俊也氏の共著『本当の強さとは何か』にも面白い話が出ています。
修斗のジムに柔術クラスが出来たばかりの頃の話なんですが、これまで何の運動もしてこなかった、プロレス研究会みたいな者達が柔術から格闘技を始め、アマレスなどで実績を残したプロシューターに勝てるようになってしまったんです。
後者の方は柔術を取り入れる前の修斗ですから、佐山サトルの技術であり、当然カール・ゴッチの教えも入っています。才能と実績のある人間がその技術を使い、柔術を習ったプロレス研究会みたいな人間に負けてしまったわけです。
まあ、柔術や柔道以外の格闘技が、「素手で一対一で戦う以上、テイクダウンして押さえ込んで、殴るなり極めるなりするのが一番有効である」というのを分かっていなかった時代のことですから、仕方ないことですが。

質問した人からのコメント

2016/9/24 19:55:23

たしかにブラジリアン柔術のポイント制はストリートファイトを想定したものですね。
何の運動もしてこなかった人が柔術を学んでレスリングの実績のあるプロシューターに勝ったというのは柔術の実践性をあらわしていますね。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

syu********さん

2016/9/2415:57:42

M.M.Aにはブラジリアン柔術の概念が必要になります。
競技柔術ではないベーシックなものは必須です。
裸体はM.M.Aの練習に役に立ちます。
裸だから着だからはあまり関係ないかな。
裸体はM.M.Aに直結した練習でやります。
柔術は柔術として練習し、おのおのがM.M.Aにいかします。
ゴッチ系のキャッチレスリングはそのままでは役に立ちません。
M.M.Aを意識したキャッチなら別ですが、裸体だからと言ってキャッチアズキャッチキャンレスリングとノーギ・グラップリングは違うんですよ。

ran********さん

2016/9/2414:02:46

ブラジリアン柔術は相手が裸だったり
自分も裸で戦う事も想定しています。
実際にヒクソンの高田・船木戦はパンツ一丁でした。

相手が裸では弱くなるのは柔道ですね。
柔道のほとんどの技は相手が裸だと使えません。

サブミッションレスリングは実際の強さは未確認です。
ビル・ロビンソンやカール・ゴッチが学んだ
「キャッチアズ・キャッチキャン」の
スネーク・ピット(蛇の穴)ジムのレスリングは
真剣勝負でも強かったと言われていますが
実際に戦っている所を見た事はないです。

前評判はあてになりません。
最強だと言われていたコマンド・サンボと
ブラジリアン柔術が5対5で戦ったら
ブラジリアン柔術の全勝でした。

キャッチアズ・キャッチキャンの最後の継承者の
ビル・ロビンソンさんもお亡くなりです。

ブラジリアン柔術とサブミッションレスリングの
どちらが強いかの答えは謎のままですね。

ブラジリアン柔術は相手が裸だったり
自分も裸で戦う事も想定しています。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる