ここから本文です

IPOで発行価格、引受価額、払込価額、発行価額という概念がよくわかりません。 発...

tak********さん

2016/9/2422:49:24

IPOで発行価格、引受価額、払込価額、発行価額という概念がよくわかりません。
発行価額=払込価額で引受価額はこれ以上。
発行価格は払込価額より高い。

:差額が引受人の利益
ということでいいのでしょうか?
もしそうなら
発行価格:一般の人への発行、発行価額:引受人への発行ということでしょうか?
また、払込価額と引受価額となぜ違うのでしょうか?

閲覧数:
1,681
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rep********さん

2016/9/2516:13:04

発行価格とは株を購入する時に証券会社に支払う価格の事で、公募価格と呼んでいる価格と同じです。
引受け価額は証券会社が株を発行した企業に支払う価格です。
発行価格1000円の株なら、証券会社は通常920円くらいを企業に支払います。
この80円をスプレッドと呼び、これが証券会社の利益となります。
スプレッドは7-8%に設定される事が多くなっています。もし100億規模の上場なら、主幹事となった証券会社には8億円が入る事になります。

発行価額ですが、法律上の概念の価格の事で、通常は半分を増加資本金として処理し、残りの半分は資本準備金として組み入れます。
決め方は仮条件の下限の85%に設定するのが慣習になっています。

質問した人からのコメント

2016/9/30 22:14:15

ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる