ここから本文です

年金もらいながら扶養の範囲内で働けるのはいくらまで?

chi********さん

2016/9/2422:54:06

年金もらいながら扶養の範囲内で働けるのはいくらまで?

閲覧数:
29,598
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yom********さん

2016/9/2500:16:16

年金額は人それぞれで、年齢によっても控除額が違いますので、それを記載しないと誰も答えられません。
また、扶養には税金と健康保険があります。
それはそれとして、
◆税金の扶養の場合
年齢が65歳以上なら控除額は120万円ですから、
年金額から120万円を引いて、残った金額を38万円から引いて、その残った金額に65万円を加えた金額が扶養内で働ける給与の年収です。
但し、年金額が158万円を超えている場合は、もうそれだけで扶養にはなれません。
つまり、
①年金額:A万円≦158万円の場合、
②働ける金額(給与の年収):B万円とすれば、
B=65+38-(A-120)です。
例えば、
年金額が130万円(≦158万円)であった場合は、
働ける金額(給与の年収)は、93万円(=65+28)までです。
年金額が158万円であった場合は、
働ける金額(給与の年収)は65万円までです。
年金額が158万円を超える場合は、それだけでもう扶養になれませんが、給与の年収が65万円までなら、給与所得は0円ですから、ご自分の所得が増えることはありません。
◆健康保険の扶養の場合
年齢が60歳以上なら年間収入が180万円未満であることですから、
180万円から年金額を引いた残りです。
例えば、
年金額が130万円の場合なら、給与の年収は50万円未満であることです。
なお、扶養者の年間収入の2分の1未満という条件もあるようですから、それ以下のこともあるようです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「年金」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる