ここから本文です

横須賀線にE235系が2024年から導入されるそうですが、前面の貫通路は設置されると...

chi********さん

2016/9/3000:28:26

横須賀線にE235系が2024年から導入されるそうですが、前面の貫通路は設置されると思いますか?

閲覧数:
38,632
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sed********さん

編集あり2016/9/3009:26:50

まず、その情報に対して信憑性は如何かと思います。
8年先の計画だからです。
その頃には新形式に切り替わっている可能性も十分あります。

また、そんなに先の車両入れ替え計画はしません。

先が長すぎます。


さて、本題ですが、
既存のE217系も、後から作られた編成では貫通扉はダミーであり、開閉出来ないそうです。

しかもE217系は幅広車体です。
つまり、地下鉄仕様ではないので、幅広車体でも、貫通扉なしでも支障はありません。
横須賀・総武快速線の地下区間は地下鉄規格では無いのです。
JRで地下鉄規格で掘られた区間はありません。
京葉線の車両も幅広車体で貫通扉はありません。

山手線に先行投入された編成も貫通扉がありません。

本当に横須賀線にE235系が投入されるとしても、やはり貫通扉なしで作られますね。

使用していない物に対して余計な費用を掛ける必要が無いからです。

「e235系 横須賀線」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kom********さん

2016/9/3009:41:14

まず、その情報源はなんですか?まさか、あのいい加減なゴシップサイトとも言える国電総研ではないですよね?どこの会社もそうですが、緊急を要する場合(事故災害等の被災車代替補充の導入)以外、新型車についてはプレスリリースを出します。

a07********さん

2016/9/3009:16:57

JRの地下路線はトンネルの寸法を大きく取っているために全面扉は必須ではありません。デメリットばかり多いので新車を入れる際も設置しないでしょう。特急車両もかつての183系に代わる255系では採用しませんでしたから。

nor********さん

2016/9/3009:02:55

予想にすぎませんが、増結・開放の手間を考えれば、
設置されないと思います。

yum********さん

2016/9/3008:59:07

地下区間を通りますけどトンネル形状が広いので非常時に側面のドア(乗降口)から脱出可能ですから、前面間通式でなくても問題ないはずですよ。

chi********さん

2016/9/3001:06:06

横須賀線の新車投入は初耳ですが、E217の後期型に貫通路がないことから、次期車両にも前面貫通路は設置されないでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる