ここから本文です

振込手数料について教えてください。 私は個人で事業を営んでおり、 販売手数...

アバター

ID非公開さん

2016/10/301:42:23

振込手数料について教えてください。

私は個人で事業を営んでおり、
販売手数料が取引先の法人から入金されます。
その販売手数料の明細も毎回発行されております。

入金額は1.5万~3.5万程度です。

その際に、振込手数料が差し引かれることは問題とは思わないのですが、
金額に疑問を持っています。


■先方は地方の信用金庫をメインバンクにしているが、都市銀の口座も有している。
振り込む際にはネットバンキングを利用しているのを知っている。
(以前一緒に事業をしていたので)
■私への入金口座は都市銀で先方と同じ銀行を利用。

上記の条件下で毎回756円の振込手数料が差し引かれます。
先方がメインバンクから振り込む事で手数料がかかるのは問題ないですが、
調べたところ、そのメインバンクで756円の手数料がかかるのは
ATMにて現金で5万以上の振込、又は定額自動振込時(5万以上)だけです。
どちらにせよ金額的に該当することはありません。

要するに、少しで振り込み金額を少なくするために、虚偽の振込手数料で
算出していることは明白です。

金額は小額なので請求しようとは思わないのですが、
その行為自体がムカムカして仕方ありません。

いままでの差額の請求をするよりも、
該当するのであれば法的に処罰を受けてほしいと思っています。

そもそもこの振込手数料を偽造する行為は法的な処罰の対象になるのでしょうか?
ご教授いただければ幸いです。

補足補足させていただきます。

手数料明細では
販売金額に対しての「手数料」が差し引かれています。
それとは別で「振込手数料」として差し引かれてます。

閲覧数:
905
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moz********さん

2016/10/314:51:21

その販売手数料の支払元が資本金1千万円以上の法人である場合は下請法が適用されます。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/daikin.htm

下請法では、事前の承認があれば振込料を控除することが認められています。
事前の承認がなければ、振込料を控除することができません。
http://www.jftc.go.jp/shitauke/sitauke_qa.html#cmsQ24

中小企業庁あるいは公正取引委員会に相談すれば対応してくれるかもしれません。

アバター

質問した人からのコメント

2016/10/10 00:10:37

質問させていただいた内容を芯で捉えてくれたと思います。
添付していただいたURLの内容で、振り込み手数料を差し引く場合の取り決めがある事を知ることができました。
よってベストアンサーに選ばせていただきました。

他の意見を下さった皆様からの情報も踏まえ、今後の対応を考えていこうと思います。

ありがとうございました。

「振込手数料」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

puu********さん

2016/10/315:11:04

取引先の入金方法が、
「振り込み手数料実費」であるなら、
756円だと、質問者様の言う「虚偽」でしょうけど

※実費=銀行が決めた手数料

「振り込み手数料756円」だとすれば
問題ないことだと思います。



ただ・・後者だとしても
若干 高い印象はありますね。
取引先が まったく損をしない金額設定みたいです。

tro********さん

2016/10/308:42:40

まぁ、確かに腹立たしいですね

客の中には、振込手数料をガメようとする人もいるので・・・

ただ、法的な制裁は無理だと思うので、貴方への未入金(売掛)として、再請求するのがいいでしょうね


まあ、振込手数料を相手が負担をする場合も最小になるように考えてあげるので、それができない人は、お人柄を疑った方がいいね

t22********さん

2016/10/305:37:57

商人の考え方ではなく役人の考え方です。支払い代金は税金とは違い、請求金額通りに支払うもので、余分に支払う必要はないのです。振込手数料は、銀行に支払うもので、支払先に支払うものではないのです。普通、支払を振込で戴く場合は、振込手数料は当方で負担しますというのが商人の考え方です。現代では、通信販売が多くなってきているので、消費者は振込手数料が請求金額に含まれるのは当然の事のように考えるものですが、通信販売業者の支払方法と、それ以外の商業者の取引とは区別して考えるものです。
一般の商取引の場合、その支払金額は10,000円以下の場合は少なく、それ以上の金額となるために、振込手数料は支払い金額に対する負担にはならない場合が多いのです。つまり、支払代金の額の問題になるのです。通信販売の場合は2,3千円のもので振込手数料を免除したら利益はなくなってしまので、消費者に負担させる方法をとらざるを得ないのです。
15万円から20万の振込があるのに、7,8百円の振込手数料で文句を言うような、商売人は普通いないでしょう。

sol********さん

2016/10/301:48:15

振込手数料に人件費が入ってます。

と言われたら終わりですね。
それと、大手企業になると一度に振り込む件数が何百となることもあり、普通の振込ではなく一括振込のシステムを使います。これは一般的な振込手数料とは違うのです。

あとは経理上面倒なのでどの取引先も一律でいくら、と決めてるところもあります。

あなたの言う手数料はあくまでも銀行の振込手数料であり、会社の言う手数料が銀行の振込手数料だけを指してるとは限らないのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる