ここから本文です

アベノミクスの成果を検証するhttp://blog.monoshirin.com/entry/2016/07/03/20195...

mku********さん

2016/10/509:11:31

アベノミクスの成果を検証するhttp://blog.monoshirin.com/entry/2016/07/03/201955
このソースに反論のある方はいますか

補足ではこの動画に反論出来ますか

https://www.youtube.com/watch?v=qfL8o2M37K4

閲覧数:
94
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rou********さん

2016/10/509:38:36

素晴らしいと思います。私も見らわねば

>消費税率改定の影響だとするなら、アベノミクスの影響だとは言えません。

とか言っているまだいるけど、5.5兆円使ったの知らんのかね。都合の悪い事はなかった事にする安倍信者。

素晴らしいと思います。私も見らわねば

>消費税率改定の影響だとするなら、アベノミクスの影響だとは言えません。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sad********さん

2016/10/512:02:13

時間を掛けて読みましたが、基本的には自分勝手に数字を解釈していると言わざるえない。

・実質GDPを民主党時代と比べていますが2009年のリーマンショック直後と比べている

・円安メリットを製造業のみに限定しているが、訪日外国人の増加やサービス消費の拡大による非製造業のDIが過去最高になっていることは考慮していない

・輸出数量の削減あげているが鉱工業生産指数はほとんど減少していない、これは生産が現地化になり輸出は増えにくくなっているが、円安により国内生産に回帰しているためでこれを考慮していない。
(訪日外国人の増加のために内閣主導でビザ発行の緩和や減税品目の拡大の成果)

・雇用環境が良くなっていることを人手不足のみを原因としているが、団塊世代の大量退職は2009年から始まり、生産年齢人口の減少は1990年から始まっており、安部政権下での急回復を説明できていない。また、雇用者数が増えるなかでも人手不足感が高まっているこれは雇用環境が良くなったことでしか説明できない。(雇用環境が良くなり人手不足って書いてあったよ)

・非正規雇用の増加を上げているが、男性60歳以下の正規雇用比率は増えている。非正規雇用比率が上がっているのは女性と高齢者。(女性はパートのみ増加)

・実質賃金に着目しているが、対して雇用者報酬(日本国民が受けとる給与総額)は増えている。これは雇用者数が増えたことにより実質賃金(一人当たり賃金)は上がりにくくなるが、報酬総額が増えていることを考慮していない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ros********さん

2016/10/511:22:34

就業率の上昇は、明らかに民主党政権でズタズタになった社会が、政権交代で持ち直した結果ですよ?

経済政策は、一切関係無いとでも?(笑)自然に起こったニダ!とでも?

なんか、これは根拠のない、或いは薄い検証ですね?ウリナラリポート(笑)

私たち日本人には通じない特徴的な思考パターンを露呈してませんか?やはり一種の民族性ですかね?

プロフィール画像

カテゴリマスター

qta********さん

2016/10/509:19:00

なぜアベノミクスで消費が落ち込んだのか、分析が不足しています。それが消費税率改定の影響だとするなら、アベノミクスの影響だとは言えません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる