ここから本文です

弁理士とは法律家なのでしょうか?

sfh********さん

2016/10/822:55:18

弁理士とは法律家なのでしょうか?

試験内容は完全に法律科目ですが、
理工系の資格とされていますよね。

試験に合格しても理工系の素養がないと特許事務所に30代半ば以降から雇ってもらうのは厳しいですか?

閲覧数:
337
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kdh********さん

2016/10/923:05:02

私が付き合った弁理士はみな理工系です。
弁理士は基本的には特許の書類を書く。特許を戦略的に構築する(文面を)。特許で経営的な戦略を立てる。などが仕事です。派生的には外国特許(国によっては先願主義などもの国もあるので)の出願もしますので、語学力も、法的な知識も必要ですが、最も重要なのは、エンジニアの発明のどこを押さえて文章にするかです。それには、技術の流れ、発明のポイント、発明から逃げる方法などが思いつかないとだめです。さて採用されるかはわかりませんが、技術のバックグラウンドがなければ難しいでしょう。エンジニアは意外と自分の設計に固執しているので、逃げ道など思いつかないのです。祖の部分こそ弁理士の価値です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

u_u********さん

2016/10/1015:07:40

企業の弁理士です。
文系です。

最近は合格者300名台と少ないし、いけるかもしれませんよ。

事務所では、資格があればいい、というのではなく、明細書かけるか否かです。
そういう意味では、結構タフな職場環境です。
(話を聞く限り、ブラックといえるかもしれません)

昔の先生方は、半分くらいは文系であったようにみえます。
最近は理系の先生が多く。
文系で弁理士というのは少数派ですね。

自分の理解を超えた化学や医薬の発明であっても、一定の作法にのっとって明細書を起案することはできます。
ただ、そこに技術的エラーがあることは全く不明。
そこを、例えば薬剤師の免許をもつ先生なんかはきちんとついていく。

医薬に関しては、明確な誤記であっても、文系弁理士はわかりません。
「錯体」っていわれてピンと来ないこともあるでしょう。

でも高校レベルの化学なら、数か月もあればできます。
現に私は会社の技術であれば、相当程度理解できます。もちろん、発明の把握という観点からですが。

弁理士は発明をするのではありません。権利化をする人間です。
化学、物理(電気)は高校レベルを押さえておけば、相当わかります。

ただ、クライアントの要求する技術理解の速度(メーカの開発部にいたひとが弁理士になったと考えてください)は極めて速いので、文系は最初はつまずくこともあると思います。

脱線しますが、商標について。誰でもできるなんて思ったら大間違い。
権利取得と、権利取得後の使用と、攻撃されたときの防御など、考えたらきりがない。とある士業団体が、出願だけわしらにやらせろ、といっております。私見ですが、クライアントの利益をかんがえると、難しいのではないかなと、思っております。

ott********さん

2016/10/923:05:16

知的財産を扱う法律家ですから、意匠・商標なんかも担当しますので、
必要なのは科学技術だけではないでしょう、
しかし主たる業務は特許出願でしょうから、理工系の知識があった方が
有利でしょうね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる