ここから本文です

真田信繁。

cba********さん

2016/10/1010:41:02

真田信繁。

流刑されていた14年間、姉に「歯は抜け落ち、白髪だらけ」と手紙を送ったものの、兄の家臣には「蒸留酒をたくさん送って」と乞うなど、引きこもりをこじらせ、くたびれた人生を送っているかのように周囲に思わせていたが、歴史研究者達が書いた書物によれば、これも来るべき徳川との一戦のために信繁が考えた相手を油断させる戦略…。

これって本当なんでしょうかね?

この当時の40歳代後半の人って相当くたびれていますよね?

この質問は、30代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
530
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ben********さん

2016/10/1207:11:43

この親子、哀れっぽい手紙を書かせたら、天下無双です。
出版でもして、家計の足しにでもすればいいんです。
信之兄さんは、果てしなく続くおねだりに家臣に詐欺まがいのことまでして工面してますし、稲姫は、真実かどうかはともかく、信濃川に網を打って小鮭を獲ったり前田家の献上隊から、カツアゲをしたりしています。

兄さんが無視すると、兄弟が頭の上がらない「村松殿」(姉)に無心します。

だいたい、歯が抜けるような虫歯なんて、この時代では考えられないほどの贅沢な食です。
己の哀れな姿を描いた手紙は、村松殿宛てです。
慈悲深い姉に訴えをしたのです。

逆さに振っても鼻血も出ない兄から、こうして、まんまと遊興費を巻き上げたワケです。
しかも、大坂かたから、目も眩むような前褒美を貰いながら、「赤備え」みたいな無駄遣いをして、ビタいち宗家にお金を返していないところが、これまた・・・

  • 質問者

    cba********さん

    2016/10/1212:05:47

    「赤備え」みたいな無駄遣いをして、ビタいち宗家にお金を返していないところが、これまた・・・凄いお殿様感覚ですよね。司馬遼太郎も幸村を評して殿様の子は周囲の人に尽くしてもらって当然だと思っている・・・というような記述をしていました。40年前に読んだ文章が記憶に残っています。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/10/13 12:25:11

皆さん、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kas********さん

2016/10/1209:14:50

当時の年齢相応の老け方です。

歯だって虫歯以外でもなくなります。
口腔環境は今とは比べ物になりまsん。
縄文人や弥生人にも虫歯や歯抜けの遺骨が見つかっています。
もうぼろぼろの状態。

大坂入場も変装じゃなくても誰も気が付かない。
これは事実で、あとは創作作家の出番でしょう。

義経だって一次資料に「小男で反っ歯」とありますが
ドラマじゃみんなイケメン。

the********さん

2016/10/1122:14:59

仕送りを充実させるための策でしょうね。

fig********さん

2016/10/1017:08:46

人生50年の時代ですから。

nyw********さん

2016/10/1013:47:32

歯は抜けて白髪だらけとは誇張した表現かもしれませんが、徳川方をそこまで警戒しているとは思えないですし。徳川も警戒していたら刺客を向けいているはず。

おそらく半永久的に九度山からは出られない。そしてただ、真田紐等をあむだけの生活。相当くたびれているかと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kat********さん

2016/10/1012:03:08

豊臣からの使者が来たとき凄く喜んだろうね。働き場所がある大戦ができるって。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる