ここから本文です

アナボリックステロイドのオンサイクル中はアリミデックスを使いますが、なぜPCT中...

sub********さん

2016/10/1202:18:50

アナボリックステロイドのオンサイクル中はアリミデックスを使いますが、なぜPCT中はクロミッドによるエストロゲンを防ぐためにノルバデックスを使うのでしょうか?アリミデックスではだめなん

でしょうか?

閲覧数:
1,721
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

2016/10/1209:00:01

ノルバデックス(抗エストロゲン)
アリミデックス(アロマターゼ阻害)

ノルバデックスはエストロゲンを抑制しアリミデックスは男性ホルモンの女性ホルモン変換を阻害します。

エストロゲンは水分滞留効果があり、パンプアップ、パワーアップや蛋白質同化の手助けにもなります。
そのため、サイクル中はエストロゲンの働きを邪魔しないアリミデックスの方が優位と言われています。


PCT中の併用についてですが、

①女性化乳房予防
PCT中は性線機能低下するため、初期はアナボリックステロイドによる高男性ホルモン、中〜後期は低男性ホルモンとなります。この状態でも女性化は起こるため、予防が必要です。特に男性ホルモンが下がって行く過程で女性ホルモン優位になる可能性があるのでノルバデックスの併用が良いとされます。
②クロミッドのサポート
クロミッドは性腺刺激ホルモンGn-RH→FSH→LHの分泌という行程を辿ります。
初動の遅さをノルバデックスの抗エストロゲン作用により、サポートします。

アリミデックスとノルバデックスは根本的に似て非なるものになりますのでご注意ください。

質問した人からのコメント

2016/10/20 01:48:26

なるほど理解しました。
ご丁寧にありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる