ここから本文です

『光を通す太陽電池!温室の屋根で太陽光発電!農家が売電も?京大』 2016/10/11 ...

blu********さん

2016/10/1321:28:59

『光を通す太陽電池!温室の屋根で太陽光発電!農家が売電も?京大』 2016/10/11


もしかすると、
10年後、20年後、これが太陽光発電の主流になる?


もしこれが実用化できれば、
・新たに広大な面積で太陽光発電が可能になる。地方の農業の再生にもつながる。
・10年後、20年後ならば、蓄電池のコストが1/10~1/20になっている可能性が高い。そうなれば、LNG火力に頼らずに安く出力変動を調整可能になり、太陽光がまさに夢の理想電源になる。


20年後には、原子力はもちろんだが、火力発電所すらも不要になるのでは?




<太陽光発電>
◆発電量
2012年7月から現在までに約3500万kWが新設・稼働開始。全国で約4000万kW(ピーク時原発40基分)が稼働している。
原発優先の自民党/政府の政策で、新規分は殺されてしまったかに見えるが、
それでも、2020年までに6600万kWくらいまで増加する。
◆コスト
急速に発電コストが下がっており、欧州では日本の半額で、米国/中国/インドでは、すでに火力並みコストになった。
◆各種の新型太陽光電池


<リチウムイオン蓄電池>
◆現在
・日本(家庭用)=平均22万円/kWh
・韓国LG化学=13万円/kWh
・米国テスラモーターズ(家庭用/パナソニック製)=約5万円/kWh
◆将来
・日本の2020年目標(家庭用)=9万円/kWh

<レドックスフロー蓄電池>
・コストはリチウムイオン電池の1/10目標
・寿命は20年
・安全
・2014年から量産開始し、2015年に北海道電力に6万キロワット時分を納入済み



・・・

『温室の屋根で太陽光発電 京大実験、農家が売電も?』 2016/10/11 朝日

「京都大大学院の付属農場(京都府木津川市)が、日光を通す新開発の太陽電池を屋根などに貼った温室で、作物を栽培する実験を進めている。この太陽電池が施設園芸に使えることが実証されれば、農作業に必要な電力を太陽光発電でまかなえる省エネ効果に加え、売電によって農家の経営安定化にもつながるという。

新型の太陽電池はOPVと呼ばれ、三菱化学が開発した。特殊な半導体がフィルムに塗られ、光を通すうえ薄くて軽い。印刷技術を応用して製造できるため、低価格化も期待されるという。このOPVを、自然エネルギーを使った次世代型の農業技術に生かすのが、今回の実験のねらいだ。

付属農場は今春、大阪府高槻市から「けいはんな学研都市」の木津川市へ移転したばかり。約25ヘクタールある敷地の一画に、ガラス室のような実験用温室(200平方メートル)が2棟並んでいる。1棟は全面に半透明の硬質プラスチックが使われ、もう1棟は黒っぽい色のOPVフィルム(縦60センチ、横165センチ)が屋根を中心に約90枚はめ込んである。

主に電力を使うのは、室温を保つエアコン。2棟の消費電力や日射量、温度などのほか、作物の収穫量や質も比べ、OPVの有効性を探る。9月からトマトを栽培しており、12月初旬にも収穫が始まる。

OPVは光を電気に変換する効率や耐久性の向上が課題とされる。実験に携わる京大の北島宣(あきら)教授は「実用化されると、簡易なパイプハウスなどにも貼れるようになる。田畑は広いので、普及すれば国内のエネルギーが農地から供給できるかもしれない」と話す。

来年夏にも夏用トマトを収穫してデータを収集・分析し、2017年度中に結果が出る見通しだ。」



・・・

<原発の無駄使い>

原発の本当の発電コストは、核廃棄物の将来コストなどを含めれば、火力の20倍、太陽光の10倍だ!

◆維持費: 震災後の5年半だけで「7.7兆円」
◆安全にならない安全化: すでに「3.3兆円」
◆福島原発事故収束: すでに「11兆円」
◆核燃料サイクル: すでに「10兆円」
◆MOX燃料費: ウランの9倍。高い石油よりも高い。原発再稼働で燃料費は増える。
◆電源三法交付金: 青森県だけですでに「3000億円」超え。
◆原発関連の「随意契約」/「天下り」/「寄付金」/「広告宣伝費」による無駄使い: 年間当たり「数兆円」?
◆次の原発事故に対する賠償金等の積立て: 行なっていない。また国民の税金頼み。
◆核廃棄物の将来コスト: 管理する建物の建築費だけで、すでに軽く「数千兆円」を超える。
もしMOX燃料を使えば、このコストはさらに10倍になる。


原発を再稼働して維持すれば、これら全てが、さらに何倍にも膨れ上がる!


・・・

◆『原発は国家ぐるみの粉飾決算=吉原・城南信金理事』 2014/4/18 ロイター

「原発コストが安いというのは将来負担を無視した国家ぐるみの粉飾決算」
「原発のコストの方が低いという人で、いやしくもビジネスマンや経済に携わる者ならば、会計の原則ぐらい勉強していただきたい」


◆早く原発を廃止しないと、電気代も税金も上がる!

『【報ステ】原発の廃炉費用 国民負担8兆円超を検討』 2016/09/16 TV朝日
「福島第一原発の廃炉費用などのために新たに8.3兆円を国民に負担させる形で政府が調整に入った」


太陽光発電,16 TV朝日,粉飾決算,米国テスラモーターズ,OPV,エネルギー,光合成

閲覧数:
1,184
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/10/1321:48:27

太陽光発電所と農業はともに日光が必要なため
つぶし合いになるのでは・・・?という風に
考えられていましたが実は日光をシェアできると言うことが
最近の研究で解ってきていて、在来型の太陽電池パネルを
「すだれ型」にすることでスリットから光がこぼれるようにした物を
畑の上に設置し、こうすることで発電も出来、
方や作物の方も却って日射が適度になって良いあんばいになる
というのが実証実験されています。

このシステムを上手く使えば農家は副収入を得ることで
安定した経営ができるようになりますし、
浮いている農地を有効活用することができることで
自然保護や自給率などにも良い結果をもたらし、
エネルギーも生み出せる
一石二鳥の新しいエネルギーの形が実現します。

まさにエネルギーも野菜も「地産地消」の時代です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ult********さん

2016/10/1915:29:50

東京オリンピック招致時の誘惑的なプレゼン文言と現実には大落差があるように、この手っって、国から開発助成金が欲しいのもあろうし、縄張りとか主導権を握りたい欲ではったいかますのも少なくはない。

まあ、デモンストレーションを実際にやるってことらしいから、結果を待ちましょう。でも、色んな天候の年を重ねた少なくも10年ぐらいの長期実証実験をやらんと、Goは出来ないと思うよ。

処で、太陽光パネルも植物の光合成も、原子レベルでは光で原子核を励起して電子を遊離させてたりイオン化したりして、太陽光パネルではその遊離した電子を樋みたいのに集めて流し出して使う。植物側の仕組みは違うけどね。

よって、変換効率が良いと言われる太陽光パネルは、光の全波長をなるべく吸収して使うことや。これをまともにやられたら、陰に居る植物は光合成ができずにオジャン。

よって、田んぼを全部使えるんだから、多少変換効率を落としてもいいんだろうと発想していると思う。ところがどっこい設置費用は変換効率関係なく高いならば高い。

植物側も、日照時間が多い地区ならいくらか光を取られても生育に大きな支障は無いかもしれないが、冷夏や日照不足ならどげんする。

よって、天候によっては、それを調整する構造体も着けねばならず、設置費用はかなり割高になるんでは。

このような+とーのトレードオフがある発明提案は、結構空中分解するものや。まあ、眉唾でみましょう。当事者は頑張ってくだされ。

2016/10/1914:53:35

光のエネルギーの一部を発電に当てているわけです。透過率の高いガラスパネルと、不透過の発電パネルを交互に並べたものと比べ、光の利用については理論的な上限を達成しても全く同じ。ですから、いまのところ、地球環境に対する寄与はありません。原発を減らせる見込みもありません。

しかし、

● 可視光線は透過。

● 紫外線は発電に回す。

ということができたら、太陽光の利用率が少しあがります。そして、畳や屋内の家具などの変色もほとんどなくなり、日光浴をしても、皮膚がんになりにくいというメリットもあります。
太陽光線に含まれるエネルギーの比率が可視光線に比べ紫外線は著しく小さいので、大したエネルギーにはなりませんから、これも原発廃止につながるほどの発電量にはなりにくいのですが、もしこれができたら、

温室の遮光パネルを、日射や天候によって制御する。
といった程度の作業に必要な電力なら供給は可能です。
しかも、温室の温度と光合成に寄与する可視光線は現象しないわけです。

そうなると、ツンドラ地帯、山岳地帯、離島での農業の労働生産性を上げることができます。人口爆発で、世界中が飢餓と向き合う時代はもうすぐ。少しでも太陽の恵みを有効に利用したいものですね。ご期待ください。

赤外線で発電できるようであれば、夏のエアコンの消費電力を押さえられます。でも、こちらはまだ実用化できる目処が立っていません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bak********さん

2016/10/1809:11:28

光合成で必要となる波長のみを透過して、残りの光を吸収・発電できれば良いので、可能性は十分ありますね。
主力にはならないと思いますが、立地条件によっては選択肢の1つになるかもしれません。
研究段階なら実用化はまだまだ先でしょうけど。

kok********さん

2016/10/1410:54:58

色々試してほしい分野ではありますが、補助金事業はもっと精査して効率的に家ってほしいものです

透過率50%で変換効率は10%超える程度では、電力は購入したほうがずっと安くなります
さらに透過率を上げると減退率が高まるそうなので、時間による発電効率の低下も激しい

補助金に頼らない商業化は、そうとう先になりそうですね

sat********さん

2016/10/1405:26:02

光を100%電気に変えられるなら、光は、全く透過しない。光が100%透過するのなら、全く電気には変わらない。
そんなこともわからないか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる