ここから本文です

三浦九段の携帯の通信・通話記録は、証拠と関係ないと主張する人がいますが、それ...

mic********さん

2016/10/1909:54:35

三浦九段の携帯の通信・通話記録は、証拠と関係ないと主張する人がいますが、それは違うのではないですか?

通信・通話記録は関係ないと言う人は、「疑われているのは携帯のアプリを使ったかどうかだから」と言いますが、そんな1点に狭められた論点で争ってはいませんよね?
もっと広い観点で「対局中にソフトを利用して指したかどうか」が問題になっているはずです。

携帯から自宅PCを遠隔操作して結果を得ることができる、そういうソフトのチェックも必要という人もいます。

また、外に協力者がいれば、携帯のソフトでは局面を作って、スクリーンショットをメールで送り、その局面でのソフトの指し手を返信してもらうこともできます。
あるいは、電話をかけて、棋譜を読み上げても、電話の相手のほうで局面をつくれます。

そういういろいろな可能性を頭におくことは必要で、そのうえで、『離席中は別室で体を休め、次の手を考えていた』というのなら、少なくともその離席の時間帯には、誰かに電話を掛けていないか。メールを送っていないか。何らかの通信が発生するソフトを使っていないか。それを確かめるために、通信・通話記録も必要ですよ。

「体を休め、次の手を考えて」と言いながら、離席の20分はずっと携帯で誰かと通話をしていた。しかも、誰にも見られないように。
としたら、第三者の目にはどう映るか?
言うまでもなく、「別室で休んでいたということが嘘だ」となり、離席の理由で嘘をつくからには、その通話・通信は、何かしら情報を得るため、といわれても仕方なくなってしまいます。

「三浦九段。貴方は離席中に別室で休んでいたという時間。その時には、携帯の操作なんてしていませんよね?」それに対して、「はい」と答えられ、通信通話記録の調査も構わない。
と、三浦九段には、そういう対応を望むべきと思いますが、いかがでしょうか。

閲覧数:
581
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

new********さん

2016/10/1918:23:23

通信記録は証拠になり得ますよ

恐らく協力者などはおらず
自分名義のスマホでしょうね

三浦さんが
質問者さんが考える対応をしないのは
シロではないからと考えるのが自然です

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ker********さん

2016/10/1912:02:57

無罪証明の方法が確立されていないとしたら、悪魔の証明になります。
告発した側には証拠を示す義務があります。

無罪を証明出来る方法を示して、三浦さんがそれに応えればいい。
三浦さんは協力すると言ってますから、連盟がパスを返すだけです。

hon********さん

2016/10/1911:58:26

携帯電話は複数台契約すればよいだけでそれで白とも黒ともいえません。
費用対効果で安全を取るなら自分名義ではない携帯電話を作ればよいだけで、
【嫁名義で作成】くらいは余裕で元が取れます。
もちろん、他人名義の携帯電話の通信履歴まで手に入れる場合はそれに対応する方法が更に難易度があがり、費用も増大していきます。
単純にDOCOMOと連盟と本人だけで済むレベルの承認が、中間の事業者複数者やそれにかかわった電気事業者などあらゆる方法での検索となっていくと将棋連盟レベルなら【降り】です。

rin********さん

2016/10/1911:26:30

三浦九段は連盟の調査に最大限協力すると言ってるんだから、連盟が要求すれば出すでしょ。

別に通信通話記録とってもいいけど、それで通信通話記録がなくても別にシロの証明にならないけどね。それは1つの可能性を潰すだけにすぎないよ。三浦九段がスマホのアプリ画面の画像を提出するのと同じ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる