ここから本文です

古い本には写本が多いですけどこれは原本が時代とともに傷んでしまいますので原本...

aki********さん

2016/10/2120:55:33

古い本には写本が多いですけどこれは原本が時代とともに傷んでしまいますので原本は得体知れずで写本ばっかりと言う状況になってると察していいですね!?

閲覧数:
34
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mug********さん

2016/10/2121:43:15

印刷のない時代の書は写本を写し、写しして広まっていくので、どれが原本か写本か分からなくなっていると思います。江戸時代中期以降のものは木版印刷が行われるようになったのでそういうことはないと思いますが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

myu********さん

2016/10/2123:08:47

原本が伝わっているものはごく僅かですね。有名なものでは藤原道長の「御堂関白記」、藤原定家の「明月記」が原本が伝わっている程度でしょう。

原本が伝わっていなくても「土左日記」のように複数の一次写本が残っているためにほぼ原本の復元が可能なものもありますが、「源氏物語」など多くの作品の場合は最も良質の写本でさえ原本から一体何人の手を経たものなのかも判らないというのが実際でしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる