ここから本文です

ヘーベルハウス契約解除したい… 土地、間取り、金額…不満が積み重なりマイホーム...

アバター

ID非公開さん

2016/10/2412:39:33

ヘーベルハウス契約解除したい…
土地、間取り、金額…不満が積み重なりマイホーム計画全く楽しくありません。
最初はとても気に入ってたのですが30年間メンテナンスいらずなので他のハウスメー

カーで建てるより後々お金がかからないなど…今思ってみれば疑問に思うことばかり。どこのハウスメーカーに聞いてもヘーベルハウスは外壁が弱いので塗装は30年もたないと言われます…

しかしすでに確認申請を出しているところまできてしまいました。(建築士には契約時にしか会っていません。確認申請の段階なのに)
解約したいと伝えると損害賠償請求しますとのことです。
向こうの慣れているせいか全く動じていません。

手付けは150万円支払って地盤調査済みです。
こういった場合どうしたらよいのでしょう?損害賠償と聞くと一体いくらかかるのか分からないし、録音や書面で証拠となるような物はありません…言った言わないの争いです。

閲覧数:
5,870
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2016/10/2521:31:52

お気持ちお察しします…
私も今年住友不動産で建築条件付きの土地で建物を契約しましたが、担当者に不信感を抱くようになり、質問者さまと全く同じ状況に陥りまして、急遽着工2ヶ月前に解約をしました。
担当者は所長の方でしたが、契約後は明らかに態度が変わってしまい、様々なストレスで仕事どころではない状況になり、心身ともにかなりやつれてしまいました。

違約金は請負契約書に記載されている○%と諸費用になると思いますが、やはり早い段階が良いと思います。また、打ち合わせの議事録やメールのやりとりなどは残されているでしょうか?もし、整合性が合わない内容がありましたら、それは解約書に積極的に折り込むと良いと思います。

我が家のケースはそう言ったことを解約書に全て折り込んで指摘したところ、幸いにも収入印紙以外は全て返金して頂けることになりました。因みに、違約金は5%+諸費用でした。

住宅は一生のお買い物です。住んでからもお付き合いは一生になりますから、決して妥協したり、後悔はなさらないでくださいね!

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/10/2807:51:38

    そうなんですね。
    不信感がでてしまったことを担当の方に話しましたが謝罪の一言も無しです…終始強気…慣れているんですかね?笑

    解約時、総額でいくら払われたのでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ヘーベルハウス」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wak********さん

2016/10/2507:21:29

すでにすべての作業はストップしてもらっていることと思います。
解約については契約書にある通りなので、、、
一般には少なくともこれまでかかった経費は請求されるでしょう。

そしてまずはその不満・不安な事を一つ一つ相談してみては?
質問者さん側にもきちんと確認しないで黙認してきた責任があるのでは?
一度は数ある業者の中でそこを選ばれたわけですから、いいところも当然あるはずですから。

それでも納得いかなかったら、解約で。

>ヘーベルハウスは外壁が弱いので塗装は30年もたないと言われます…

契約時に保証書をもらっているはずです。
そこに「外壁は10年保証。10年時に必要と思われるメンテナンスを全て行なったときのみ最大で20年保証します。」と言ったようなことが書いてあるはず。
まあ、30年ももつ塗装が存在するなんて信じる人はいないと思いますが、問題は長期保証の仕組み。
どこのHMも売った後のアフターメンテナンスやリフォームで荒稼ぎするシステムになっているはず。
どこでも自社独自のメンテ計画を忠実に行った場合にみ長期保証に対応って。
このように囲い込みますので金額は割高です。
そのHMも、ちまたの塗装業者よりもかなり割高な金額だったはず。
さらにコーキングのメンテも大変でお金がかかるらしいです。

外壁材のALCは水を吸います。
メンテナンスしないととても住めた状態ではなくなるらしいです。
耐候性に乏しく、塗装とコーキングで持っているようなもの。
つまり建てた後にも莫大な費用がかかるという事。

こんなことはそのHMを決める前に調べているとは思いますが、念のために。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kat********さん

2016/10/2417:55:39

解約時までにかかった実費費用請求になると思います。打ち合わせ費、確認申請書類作成費、契約書作成費、地盤調査費、地鎮祭費、挨拶回り、先行発注物が有ればキャンセル費、以上位だと思いますが、建築請負契約書に添付されている四会連合契約約款書に記載されていますので、熟読して下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

goo********さん

2016/10/2416:54:53

契約後の施主都合における解約のケースは、契約時に確認されている契約約款の解約項目に従って解約が行われます。
契約後の解約には、解約金が必要になります。その金額の計算方法は契約約款に記載されていますので、そちらを確認されるとよいでしょう。
いずれにしても、請負契約を行うということは、大きな責任を伴うということになります。損害賠償ではなく、解約に対する同意された金額を支払うということです。同意とは、契約を行うということになります。契約時には契約書並びに建築士法24条の7における8の書類に関しても説明をうけ、尚且つ契約約款に記載されている内容を読み合わせして十分な説明をうけているわけですから、施主側に不利になるような記載事項に関しても理解し、納得した上での調印ということになります。
建築がスタートしていない分、被害は少ないわけですから、今後、住まい計画を進める上では十分な検討と頼れるべき人に頼るようにしなけれ同じようなことになります。住まい計画を成功された賢者・賢人達の例もよく参考にされるとよいでしょう。多くの賢者・賢人達は、住宅コンサルタントを活用しているという事実もあります。私のブログを参考にされて、失敗しないための住まい計画はどのようにして進めるとよいのかを知るものよいでしょう。

kyj********さん

編集あり2016/10/2415:31:01

このままでは損害賠償額が増える一方なので、まずは差し止めを願い出て直ぐに止めてください。平行して損害賠償見積りを出してもらってください。次に住宅が得意な弁護士かホームインスペクターのどちらか相談しやすい所にその見積りを持って行き減額の交渉を行ってください
若しくは代わりに建てたいホームメーカーを味方につける事です。ライバルメーカーより契約が転がり込んで来るわけですので最大限がんばってくれる筈です。
現段階での解約は成功しても追加請求が無いだけで150万は戻って来ないと思います。
メンテナンス費用はどの家でも必要ですが全面に出して言わないだけです。
私はヘーベルハウスオーナーですので是非解約しないで住んで欲しいと思います。オーソドックスかつ高耐久な部材を使っていますので面白味はありませんが耐久力やメンテナンス性能は良く考えられた作り方だと思います。
私は35年後以降の保証など不要と考えていますので35年時の大規模メンテナンスはヘーベルと他社の相見積りをとって内容で納得出来ればヘーベルに決めようと思っています。因みに親戚に塗装屋がいますので塗装の35年耐久について聞いて見ましたところ旭化成が言っているのなら大丈夫じゃない?との事でした。同僚の住友林業の家は10年で壁塗り替えとメンテナンスをしていました。
耐久に異を唱える人は反利害関係にある他の住宅メーカー、塗料メーカー、塗装の職人等だと思います。
いくらヘーベルの一回のメンテナンス代が高くても住友林業10年目の3倍以上は行かないです。言いたい事はメンテナンス費は何処でも掛かると言うことです。
その他にも色々不満が有るようですので寂しいですが解約する際は契約より大変になると思いますが、冒頭に書いてある方法で損害を最小限に留めてください。

kam********さん

2016/10/2414:10:06

既に履行着手後ですから
建物本体額の20%くらいでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる