ここから本文です

ラジオの伸びるアンテナが折れました。

ooo********さん

2016/10/2522:02:33

ラジオの伸びるアンテナが折れました。

ホームセンターで売っている、アルミ棒や銅棒を、伸ばすアンテナと同じ長さに切れば代用出来ますか?

少し調べたのですが、アンテナの長さには、λ/2とか、λ/4があるのを知りました。
λは、光速/周波数で計算出来るみたいですね。

それなら、例えば折れてアンテナの2倍や4倍の長さのアルミ棒や銅棒をつければ、よく聴こえるようになるんでしょうか?

補足ご回答を頂きありがとうございます。
ホームセンターで売っている物で修理できるとわかりましたので、修理したいと思います。

閲覧数:
2,351
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gogocbf125さん

2016/10/2522:27:10

どのようなラジオの、伸ばして何cmで縮めて何cmのアンテナが、どのあたりで折れたのでしょうか?。

まあ、ロッドアンテナ(伸縮式のアンテナ)がついているのはFM放送用のラジオでしょうから、電界強度が十分に強い場所であれば、折れたままでもそこそこ受信できるのではないかと思います。中波放送(AM放送)も兼用のラジオの場合、中波のアンテナは内蔵のバーアンテナであることが普通なので、外部に突き出ているロッドアンテナは動作に関係ないですね。

ラジオのアンテナは1/4波長のホイップが基本ですが、80MHzのFM放送帯の1/4波長は 1.8m もあり、そんな長いロッドアンテナは普通のラジオには装備できません。なので根元にコイルを直列に挿入して共振周波数を下げ、50cm程度の短いアンテナで使えるようにしています。もし、適当な金属線などで修理をするなら、素材は金属パイプでもビニル線でもいいので、もとの長さと同じにしましょう。ヘタに計算して1/4波長に合わせても意味はありません。

空間に置いた金属線は、1/2波長の整数倍となる周波数で共振現象を起こします。なので、使う周波数に対して適切な長さを選ぶことで、アンテナの効率を高くすることができます。しかし、長ければ良いと言うものではありません。例えば1/2波長であれば、線の直交方向に8の字の指向性が発生しますが、1波長だとクローバーのように4つの方向に指向性が出てしまいます。1/2波長毎に逆相の電流が流れるので、互いに干渉した結果、指向性が出てしまうんですね。なので、長いアンテナでは、位相を計算して利得を高くすることも出来ますが、ただ長くするだけではかえって性能は落ちます。
なお、ホイップアンテナを使う場合は、半分の1/4波長でアンテナを作ります(残りの1/4波長分は、ラジオのケースや、それを持つ人間が担当します)。なので、アンテナを長くする場合、半波長ずつ増えるように、長さは1/4波長の「奇数倍」にする必要があります。

  • 質問者

    ooo********さん

    2016/10/2522:40:40

    回答ありがとうございます。

    ただ単に、元のアンテナの2倍、2倍だと、干渉して聞えが悪くなる。それなら、元の長さのままの方がいいよ。
    もし伸ばしたいのなら、1/4の長さの奇数倍にしなさい。
    ってとこですね。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/10/25 23:38:13

ご返答も頂きありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2016/10/2522:45:31

>ラジオの伸びるアンテナが折れました。

「ロッドアンテナ」ですね。
FM放送の受信用です。(AM放送を受信するには関係ないです)

短波付のラジオだと、短波の受信にも使っているかもしれませんが。


>ホームセンターで売っている、アルミ棒や銅棒を、伸ばすアンテナと同じ長さに切れば代用出来ますか?

同じ長さでもいいですし、1mくらいまでだったら長いほど感度が良くなるでしょう。
アルミ棒は はんだ付ができないのが難点ですね。うまく電気的に接続する方法があるとよいのですが。
銅棒は はんだ付けはできますが、後々表面が腐食して黒くなってきます。素手で触ったところなどから先に黒くなっていきますね。
あと、重いのと、少し高価なのが難点でしょうか。

上手く空中に保持する方法があれば電線でもいいですよ。
ラジオをいつも同じ場所に置いて聞くなら、電線の先端をロッドアンテナの残ったところに接続して、反対側は天井近くの壁にでも画鋲か何かで固定してやればよいです。


>少し調べたのですが、アンテナの長さには、λ/2とか、λ/4があるのを知りました。

FM放送の周波数だと波長が 4m前後です。
1mで 1/4波長近くになります。この長さあたりに 一つの性能のピークが有るはずです。
しかし、屋内で聞く場合など、室内の電波は均一でなく、ムラのある状態かと思います。
アンテナを電線で作って、できるだけ長くしておけば、電波の強い場所にひっかかる可能性が大きくなるでしょう。
3~4mくらいが限度とは思いますが。


>λは、光速/周波数で計算出来るみたいですね。

300÷周波数=波長 という公式が知られています。
この式を使う場合、周波数の単位が[MHz]で、波長の単位が[m](メートル)です。
特に聞きたい放送局があるのなら、その局の電波の周波数に合わせてアンテナを作ってみるのも一興でしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/10/2522:14:50

折れたアンテナがあれば、根っこから接触させると代用できますよ。そんな長さなんか考えたこともなく、アンテナは任意の長さに伸縮して使ってます。

ただ厄介なのが、私には頑丈に固定できず、ずっと手で押さえてて疲れた経験があります。自分が鈍くさいだけで、普通の人ならテープなどで上手く固定できるでしょう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/10/2522:05:28

それは無理ですね。
アンテナは、ラジオ自体に付いてた物なので、折れたからと言ってアルミ棒や銅棒を付けてもラジオはちゃんと聴けませんよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる