ここから本文です

平成28年分 給与所得者の扶養控除等申告書の記入のことで、控除対象配偶者の所得の...

min********さん

2016/10/3022:41:51

平成28年分 給与所得者の扶養控除等申告書の記入のことで、控除対象配偶者の所得の見積額の書き方がよくわかりません。

28年1月から6月までは、個人事業主のため、妻には青色申告で専従者給

与を合計で50万円計上していました。
しかし、7月からは、サラリーマンのため、専従者給与も廃止の手続きをしています。

また妻には、バイトでの給与収入が、年間30万円くらいが予想されます。

それで、この申告書に記入する金額は、給与所得-65万円はわかっているのですが、給与所得には専従者給与も含まれているのでしょうか?

また、見積額とあるのですが、予想と違った場合はどうなりますか?

それと、ここでの所得金額は何に影響しますか?

閲覧数:
425
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

2016/10/3022:54:32

青色専従者給料は金額に関係なくもらうと扶養家族になれません。ここに書く所得は奥さんが扶養になるかどうかの判定をするためです。奥さんの給料を書いてもいいですけど青色専従者給与をもらっていたと言って下さい。扶養家族として年末調整をやって後から扶養控除の是正が来ますよ。

質問した人からのコメント

2016/10/31 20:28:14

そういうことですか。理解できました。ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる