ここから本文です

元大洋の重松省三選手を知ってますか?

アバター

ID非公開さん

2016/11/311:37:16

元大洋の重松省三選手を知ってますか?

1962年

大洋は、このほどノンプロ西濃運輸(岐阜市)の中心打者、重松省三外野手(22)=1㍍67、67㌔、右投右打、松山商大出=の入団を内定した。同選手は西濃運輸の四、五番を打ち今春の選抜大会に出場、シュアな中距離打者として注目された。なお正式契約は同選手が二十八日からはじまる都市対抗に出場するので大会後行われる予定。

重松選手「二、三の球団からプロ入りをすすめられているが、いまはなんにもいえない。都市対抗初出場がきまったので、それが終ってから考えようと思う。プロへいくとすれば一番熱心にさそってくれた大洋になるだろう」

大洋・森代表「都市対抗に出場する選手だし、すべては大会が終わってから、としかいまはいえない」

閲覧数:
139
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ray********さん

2016/11/311:57:08

知らなかったので調べてみました。

今治西高校から松山商科大、西濃運輸を経て、1962年に大洋ホエールズへ入団。

1963年に一軍に定着し、1964年には中堅手、一番打者の定位置を獲得。

同年は打率.296(7位)、15本塁打の記録を残し、ベストナインに選出された。

その後も長くチャンスメーカーとしての役割を果たし、1970年、1971年には規定打席に到達している。

1975年に現役引退。その後は大洋の一軍コーチ(1976年)、二軍外野守備・走塁コーチ(1977年)、二軍打撃コーチ(1978年 - 1979年, 1987年 - 1988年)、スカウト(1980年 - 1986年)を歴任。1989年からフロント入りした。

上背はないが長打力のある選手で、コンスタントにシーズン10本以上の本塁打を放った。
1967年にはサンケイとのダブルヘッダー第1戦で代打サヨナラ本塁打、続く第2戦に先頭打者本塁打を放つ。

これはセ・リーグ史上2人目の記録だった。

通算1398試合出場
3519打数 882安打 95本塁打 317打点


ベストナイン:1回 (1964年)

オールスターゲーム出場:1回 (1964年)
通算1000試合出場 1971年7月12日(153人目)


背番号
65 (1962年)
32 (1963年 - 1966年)
6 (1967年 - 1972年)
9 (1973年 - 1975年)
30 (1976年)
74 (1977年 - 1979年)
70 (1987年 - 1988年)

知らなかったので調べてみました。...

アバター

質問した人からのコメント

2016/11/3 13:31:22

うひょおおお

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる