ここから本文です

リード形のアルミ電解コンデンサについて質問です。

アバター

ID非公開さん

2016/11/711:56:48

リード形のアルミ電解コンデンサについて質問です。

耐圧25Vで1000μF以上の容量を持つコンデンサを探していますが、大きさの上限が、スペースが少なく11mm×34mmです。
楽器のパワーサプライの整流のためのものなので、オーディオ的にも特性が良好なものがよいのです。
調べている感じでは、やはりサイズの兼ね合いで、日本ケミコンのLXZくらいしか見つからないのですが、元(Suntanというメーカーのようです)を超える容量のものは取り付けできません。
現状で特に不具合があるわけではなく、設計上の値も問題ないかと思われますが、交換の目的は「音質の向上」です。同じ耐圧&容量での交換は、音質的に違いは感じられるものでしょうか。
あるいは、もっと小型で品質も良好なコンデンサーがあればご教示ください。

とりとめもない質問で恐縮ですが、ご回答お待ちしております。

閲覧数:
83
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hig********さん

2016/11/716:36:26

替えることが必要なのでしょうか。

オーディオの世界では、原音に忠実な方が良い音だという大雑把なとらえ方があります。一方、ギター関連用品は楽器です。最終的に、出てきた音が好みに合えば良い音。好みに合わなければ悪い音です。
例えば、すべての面で劣っているオペアンプ「JRC4558 ツヤあり」の方が、新しい4558系のオペアンプより珍重されて、200倍もの値段で取引されていたりします。(実は、JRC4558ツヤありと全く同じものが、あえてこの時代の設計そのままで現在も新しい社名になった会社で生産されています。NJM4558DD。現在1つ20円ですよ。ボッタクリはやめましょうね。)
コンデンサーも、オーディオ用として使った時に高忠実度となる「誘電正接の小さいもの」ではなく、特性の良くないものを崇め奉る傾向があります。
この信奉がほんとうに根拠のあるものか、それとも誰かが言い出したら、それが都市伝説として定着しただけなのか。なかなか微妙ですね。
さて、高忠実度増幅回路の電源の応答速度の速さということであれば、誘電正接が小さいこと。そして、電源の電圧変動が小さいこととなれば、静電容量が大きいことが大切な条件です。
その線にそって、提案することは可能ですが、楽器としての音の良し悪しは分かりません。
たとえば、
http://akizukidenshi.com/download/ds/rubycon/PK_series.pdf
シリーズの場合、同じ容量で35V耐圧にすると、誘電正接が小さくなります。

なお、商品ブランド上でオーディオ用だからといって、必ずしも誘電正接が低いとは限りません。販売戦略で命名されているだけということもあります。

アバター

質問した人からのコメント

2016/11/7 16:59:25

的確なアドバイスをありがとうございます。
私自身、「オーディオグレード」などという言葉には懐疑的でしたので、数値としての判断基準を教えていただけて本当にありがたく思います。
とても参考になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる