ここから本文です

ピアノの楽譜を見て、瞬時にそのキーを押せるようなるための良いトレーニング法を...

ouj********さん

2016/11/720:38:16

ピアノの楽譜を見て、瞬時にそのキーを押せるようなるための良いトレーニング法をお教えください。#♭がその部分に無いパターンの件です。クラシックで和音で、かつ、五線から遠い場合などかなり難しいです。

よろしくお願いいたします。

閲覧数:
102
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/11/808:07:56

小学校入学前から先生についてピアノを始め、毎日毎日休まず何時間も練習を重ね、10年たってもできないことですから、少々のトレーニングでどうなるものでもありません。

とにかくたくさんの楽譜を当たるしかありません。楽譜を見ながらたくさんの曲を聴く、たくさんの楽譜を見ながら弾く、たくさんの楽譜を書く、こういうことの繰り返しで、長い間かかってやっとできるようになります。

質問した人からのコメント

2016/11/14 23:44:11

よく理解できました。目標を立てながら努力します。どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yum********さん

2016/11/800:31:03

瞬時に分からない箇所は、書き込むといいですよ。覚えた箇所は消す。

だんだん慣れてきて、書くのが面倒になってきます。
そうなる頃には、瞬時に分かるようになってます。

また次弾く曲も書き込む。
慣れたら消す。


あと慣れたら、何調で、調号【♯♭】がどこについてるか、分かります。



ちなみにト音記号、ヘ音記号の横に付く調号で

♯が付く順
ファ ド ソ レ ラ ミ シ

♭は、♯の反対の順
シ ミ ラ レ ソ ド

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

shousugiuraさん

2016/11/723:19:35

慣れるしかない。
誰に聞いても、同じ答えだと思います。

一度も弾いたことがない曲を、いきなり楽譜を見せられて、さぁ弾きなさいって言われたら・・・。それも、五線から離れて加線が何本もあって、
そりゃ難しいな。
よほど上手な人でも、ドレミを数えないと分からないです。
でも、何度か練習した曲なら、練習のうちに覚えてしまえばいいです。
覚えれなかったら、楽譜にドレミを書き込めばいいです。
そういう経験をたくさん積めば、ある程度は「カン」で分かるようになります。
要するに「慣れ」ですね。

トレーニングの方法・・・ねぇ?
そういう楽譜をたくさん読むことですが、
上の加線なら、2本目がド、4本目がソ、5本目がシ、これくらいの目安は覚えておくと便利です。
パッと見で分かるのは、上加線4本目がソ、ですね。ここを目印にして音符を読む練習をしましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる