ここから本文です

何回も恐縮です。 「受動喫煙に殺人罪」をご存知のようですので オラッチさんの意...

tak********さん

2016/11/817:20:58

何回も恐縮です。
「受動喫煙に殺人罪」をご存知のようですので オラッチさんの意見をお聞かせください。

++++++++++++++++++

流石の私も、一般的に考えて(何が一般的なのかというツッコミはご容赦下さい)
受動喫煙で殺人罪は有り得ないと思っています。

ただ条件によっては 受動喫煙により人も死に至る。
死に至るという事は 殺人罪に問われる事が無いとも限らないと思うのですがいかがでしょうか?

その条件とは 例えば
・被害者は免疫反応が特定の抗原(タバコの煙)に対して過剰に起こる体質であった。(つまりアレルギー)
・加害者(喫煙者)は被害者がタバコの煙に対してアレルギーであることを知っていた。
また喘息のような症状の発作を発症する事も知っていた。
・加害者は被害者が発作を起こしても構わないと思っていた。(秘密の故意)

この様な条件下で喫煙をした結果
隣にいた被害者が発作を発症し、それがトリガーとなり その結果死に至ってしまった。

******************
takeback(以下t)とb氏とのやり取りの一部を補足したものです。

これに対しtは当初は
「これで死んでも事故死か過失致死」と言っていましたが、

「死に至るという事は 殺人と判断される事が無いとは言えない」とb氏に言われたところ

「タバコの煙では人は絶対に死なない」と 考えを訂正しました。

b氏は「絶対に死なないという根拠を示して欲しい」と聞いていましたが
tは「有り得ない。前例がない」といった回答だけで、具体的な根拠を示すことは出来ませんでした。

************************
ここでオラッチさんに質問
・上記のような条件の人であっても タバコの煙によるアレルギー発作では人は絶対に死なない。
・死なないので 殺人には絶対にならない

というtakebackの主張は正しいと思いますか?

*************************
オラッチさんは 医学、法学の専門で無いと思われます。
なので、専門分野的な回答が困難なようでしたら フィーリングだけでも結構です。

それと
心理学の方も宜しくお願い致します。

補足この質問は、fishermans02wharfさんに回答をリクエストしています。

(ほかの方からの回答を制限するものではありません)
**************************
とありますが、takebackからの回答にはコメントしません。

他の方からの回答に対するコメントも あまり約束は出来ません。。。悪しからず

この質問は、fis********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
459
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fis********さん

リクエストマッチ

2016/11/822:54:29

は~い、take_bacaさん
(なんか、やっぱり「おタケ」さんと紛らわしいな~!)

リクェスト、ありがとうで~す。
ちゃんと「喫煙マナー」カテを
第二カテに指定してくれて、助かります。


えっと、まず「言葉」から

・─・─
・加害者は被害者が発作を起こしても
構わないと思っていた。(秘密の故意)
・─・─

「秘密の恋(故意)」なら「不倫」ですよ~(^^
『未必の故意』って言いたかったの ですよね~?

閑話休題


・─・─
ここでオラッチさんに質問
・上記のような条件の人であっても
タバコの煙によるアレルギー発作では
人は絶対に死なない。
・─・─

オラッちの考えは
………………………………………
タバコの煙によるアレルギー発作で
人が死ぬか、死なないかは
現時点では「不明」。

つまり、医学的にも疫学的にも
これは、因果関係が証明されていない。

因果関係が証明されていないコトは
実質「分らない」のです。

但し、もし、オラッちの知らない
「果関係が証明されている資料」
が存在する時は「すみません」
………………………………………

なので
………………………………………
検察としては「殺人事件」としての立件は難しい。
………………………………………

と考えています。

つまり、結果的に
「殺人罪」には問われないと考えています。


・─・─
心理学の方も宜しくお願い致します。
・─・─

って、回答してますよ~!
これ(↓)のコトですよね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316633073...

では、では。

は~い、take_bacaさん
(なんか、やっぱり「おタケ」さんと紛らわしいな~!)...

  • fis********さん

    2016/11/823:20:47


    言い忘れました。
    余談になりますが

    この「受動喫煙に殺人罪」というセリフは

    WHO の FCTC(たばこ規制枠組条約)、
    を提案・採択したのが、当時のWHO事務局長の
    グロ・ハーレム・ブルントラント
    ( Gro Harlem Brundtland )
    元ノルウェー首相なのですが、

    実は、彼女は事務局長の就任演説で
    「タバコは人殺し」と発言しています。
    それを「真似して拡張」した発言なのです。


    大事なことは、
    その頃は、たまたま彼女と旦那の間にいろいろあって、
    精神的に追い詰められていたので
    あのような過激な発言をしてしまい、

    後で
    「ごめんなさい。
    あのときは私はちょっとおかしかったんです」
    と、ちゃんと謝罪・弁明したそうです。

    間違いと分っていても、
    「謝罪or弁明」をしない、誰かさんとは
    エライ違いですね~(^^

    では、では。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/11/11 16:13:16

お礼コメントは字数制限で書きれなかったので 回答の最後に書きましたので ご覧ください。

tへの対応は 例えが間違っているかも知れませんが オオカミ少年がいくら騒いでも信じてもらえないといったところですね。

人に信じてもらうには 日頃の行いが大事だという事です。

でわでわ~~~

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

sok********さん

2016/11/1111:24:10

「受動喫煙で殺人罪」の発端↓
――――――――――――――――――
・on_camera32さん>
受動喫煙させる喫煙者に殺人罪が適用されないのは何故ですか?



・gakakoiriw4827さん>
【 社会的な惰性 】 です。
科学的・客観的な見地から判断するのであれば、十分殺人罪や傷害致死罪を
適用する余地はあると言えます。
――――――――――――――――――
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211186117...

「殺人罪の適用」となるとそれは司法による解釈。
法の適用の余地は、「“科学的に考えるなら”」から判断されるのではなく、故意(意思)の有無が争点となる。





>b氏は「絶対に死なないという根拠を示して欲しい」と聞いていましたが
>tは「有り得ない。前例がない」といった回答だけで、具体的な根拠を示すことは出来ませんでした。

【未必の故意】
確定的に犯罪を行おうとするのではないが、結果的に犯罪行為になってもかまわないと思って犯行に及ぶ際の容疑者の心理状態。殺人事件の場合、明確な殺意がなくても、相手が死ぬ危険性を認識していれば、故意として殺人罪が適用される。

つまりtakebakc氏の回答としては「有り得ない。前例がない」でそれは十分である。



>・上記のような条件の人であっても タバコの煙によるアレルギー発作では人は絶対に死なない。
>・死なないので 殺人には絶対にならない
>というtakebackの主張は正しいと思いますか?

論点は「受動喫煙で殺人罪」の是非であり、takebackの主張が仮に誤りだったのだとしても、それで「受動喫煙で殺人罪」が“是”となるわけでは無い。
殺人を立証するのは原告(検察)側であり、被告によるその主張(アレルギー発作では死なない)を否定できたのだとしても、それは殺人であったことを立証したことにはならない。
原告側は「実は被告はアレルギー発作で死にいたることを認知していたのだ」ということを立証しなければ 未必の故意は成立せず、よって殺人罪の適用も無いものとなり「受動喫煙で殺人罪」は否定される。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gak********さん

2016/11/920:33:58

えーと、そもそも私が当初主張したのは、
「“科学的に考えるなら” 受動喫煙を受けた
人が、受動喫煙も重大な原因となる病気などで
死亡した場合、殺人罪になっても、本来は
おかしくない」という趣旨だったんですがね。

例えば、受動喫煙の高い有害性を
示すものとして、下記などをどうぞ。

◎受動喫煙とおとなの健康:ファクトシート
http://nosmoke.xsrv.jp/gakkaisi/200904/index.html#matuzaki

「日常的に受動喫煙を受ける人のうち、
受動喫煙が原因となって死亡する人は
10~20%(つまり 6、7人にひとり)」
ということです。
これだけ高い有害性があるものを、
そうだと知っていながら(知るべき立場に
ありながら)、望まない人間に間接的にでも
強制し続けた場合に、それが「科学的・
道義的に見て 殺人だと言い得るかどうか」
と言う文脈での主張だということですね。

例えば、上記のリンク先にも記載されて
いることですけど、「それぐらい高い
有害性を持つ濃度のアスベスト粉塵を、
分かっていながら 自社の経済的利益のために
地域住民に吸わせ続け、一定数以上の死亡者を
だしてしまった会社経営者」などに対し、
科学的・道義的に見て「人殺し」と非難し得るか
どうかとういったことです。

また、よりわかりやすい事例として、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115454965...

といったケースで、妻を心臓病の発作で
死なせてしまった 当該夫を「人殺し」と
非難し得るか否か ですね。

私も、純然と法的に見るのであれば、現在の
日本の現実の法運用では、殺人罪の適用は
難しいと考えており、それはtakebackとの
遣り取りでも既に述べています。
が、彼は そういった文脈を無視し続けて、
単に「受動喫煙に殺人罪」というところだけを
クローズアップして喚き続けているわけです。

また、takebackは、当該遣り取りの最中に
こういった↓振る舞いもしています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114000222...

「自分は根拠もロクに挙げずにデタラメな
ことを言い放っておきながら、それについて
真摯な反省も示さないクセに、相手に対しては
次から次へと これまた根拠もロクに示さずに
『じゃあ、△△はどうだ』と説明を求め続ける」

という、いわば【 無敵くん 】ということです。
到底フェアなやりとりができる相手と思えませんので、
個人的には それ以来 まったく相手にしていません。

彼が「マトモに相手するに値する回答者」として
それなりに認められるには、自分のおこなった
主張に対して しっかりと責任を取る姿勢を
示してからでしょうね。
それまでは、『論外』でしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

suz********さん

2016/11/919:39:25

今後の研究しだいでタバコもアレルギーを起こす食物と同列に扱われる可能性はあります。

化学物質過敏症というのはご存知かな?

少しアレルギーとは違う概念の疾患ですが、タバコの化学物質や薬品工場などで扱われる化学物質にさらされることで過剰に体が反応しアレルギーのように咳が出たり発疹がでたり、重症の人は呼吸困難になることもあるそうな。

2010年には、有機溶剤を扱う業種で勤務し、化学物質過敏症による眼球運動障害を患った男性が、労災と認定されています。
ですがまだ認知や研究がすすんでないので、現状タバコの煙で化学物質化敏捷の人が発作を起こして呼吸困難になって死亡となっても食物アレルギーと同様に傷害致死となる可能性は低いんじゃないかとは思いますな。

なので研究がすすめば「受動喫煙に殺人罪」というのも未来では起こりえるのではないかと思いますがな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nao********さん

2016/11/913:20:39

秘密の故意

には、なおきやも、

……ん?

と感じました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dar********さん

2016/11/911:52:49

take馬鹿ね(笑)

こいつ
「大麻がタバコより安全」って言ってる人の対しても
「タバコの方が大麻より危険」と歪曲理解して しかもそれが「嫌煙者は」と
投稿するヤツね。
なぜ嫌煙者と判ったのかを聞いているんですが 今のところ逃げられています。(笑)

ヤツの言ってることに信憑性は皆無ですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる