ここから本文です

万葉集「天地の分かれし時ゆ 神さびて高く貴き 駿河なる富士の高嶺を 天の原振りさ...

アバター

ID非公開さん

2016/11/2118:27:21

万葉集「天地の分かれし時ゆ 神さびて高く貴き 駿河なる富士の高嶺を 天の原振りさけ見れば 渡る日の影も隠らひ 照る月の光も見えず 白雲もい行きはばかり 時じくそ雪は降りける 語り継ぎ言ひ継ぎ行かむ 富

士の高嶺は」この長歌についての問題なんですが、
問題3番の「けだかいのもとして形容している」という意味がわかりません!
教えてください!

高嶺,天の原,長歌,万葉集,白雲

閲覧数:
504
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2016/11/2118:32:26

けだかい というのは気品に満ちている、上品、などの意味です。
富士山を気品に満ちたものと表現している二句、ということです。

神さびて 高く貴き

の部分でしょうね。

アバター

質問した人からのコメント

2016/11/21 18:34:13

ご丁寧にありがとうございます!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる