ここから本文です

MRIのk空間について質問させていただきます。

aby********さん

2016/11/2218:56:46

MRIのk空間について質問させていただきます。

k空間の解説として、エコー波の最大値が真ん中にくるように設定されているとあったのですが、
90度PRパルスを印加した後の正味の磁化の減衰を観測した時、真ん中に最大値を持っていくとすると、
90度PFパルスはいきなり最大値から始まるため、k空間の左半分はなにもなくなってしまうのでは?
と思うのですが、どうなのでしょうか?

90度RFパルスにしろ180度RFパルスにしろ、観測した正味の磁化の観測データをそのままk空間に重鎮するのではなく、なにかしら変換をかませて重鎮しているのでしょうか?

補足matlabで、例えば

A=phantom(256);
A=fft2(A);

とした時、Aはk空間だと言えるのでしょうか?

閲覧数:
96
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2016/11/2223:52:53

k空間の中心がコントラストを決めますが、数値は幾つだっていいですよ。
それがFSEなら実効TEになるだけです。
周波数方向でいうと、もちろん真ん中に最大値が来ますよ。端っこは信号としては弱いものが入ります。でも端っこは高周波成分なので鮮鋭度にしか影響しません。
そもそもMRI信号とk空間の関係を勘違いしていると思われます

  • 質問者

    aby********さん

    2016/11/2315:28:29

    回答ありがとうございます。
    確かになにか勘違いしてるなと感じます。。

    少しこんがらがってきました。
    結局k区間にはなにが重鎮されているのでしょうか?

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる