第四十七回目の「真田丸」の感想は?

第四十七回目の「真田丸」の感想は? #大河ドラマ #真田丸 #真田幸村 #真田信繁 #早丸

画像

ドラマ | 日本史887閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

歴史は変えられないのは分かっています。 でも信繁には死んで欲しくないです。 大助もお父さんと同じ運命。 内記も作兵衛も好きだから、悲しいです。 真田の皆々は仲がいい。 豊臣の為に命を落とす事ないと思います。 今思えば、上田の頃が良かったかも。 あの時も昌幸中心に一家仲が良かったですね。 真田丸、完封の後は辛いので、前の若い信繁を見て気を休めています。 これからもっと辛くなってきますね。 でも次回は信之の息子達と会えるみたいで少しほっとする場面ありそうです。 大助も生き延びて欲しいな。 でも、父親が活躍する姿を見られて、良かったかもしれない。 九度山にいたら、ただの畑仕事する姿しか見ないだろうし。

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

あれだけ引っ張ったのに『真田丸』たいして出番なく終了したな。 あの1話やるだけであれだけのセット作ったってのは贅沢なのか勿体無いのか、、、

0

毎回、誰かが週変わりの主役に。今週は堀田作兵衛でしたね。突然のあの目力。思わず見とれてしまいました。 「勝つために来た」はずの幸村(信繁)が、とうとう死を覚悟してしまいましたね。(織田有楽斎を除いた)大坂城の人間たち全員に死亡フラグが立って、これから勝てる見込みのほとんど無い、嬲り殺しのような戦いが始まるんですね。 幸村(信繁)の目力もすごかった。 話は変わりますが、三谷幸喜さん、勇気有りますよね。天下の斉藤由貴相手にあの台詞。 「女狐。いや、見た目は女狸」 とたんに場面が切り替わって斉藤由貴の顔のアップ。大丈夫なんでしょうか。いや、ウケましたけどね。

0

大蔵卿局に全部責任背負わせちゃったなぁ。ちょっと期待はずれ。 こうやって安直にスケープゴートを作り出す話作りは好かないですね。 従来説の「騙された」感と学説の「堀埋め立ては講和条件どおり」との折衷を試みたんでしょうけれど、番組内容では目の前で裸城にされるのに抵抗しない幸村もバカだってツッコミができちゃうんですよね。そもそも講和交渉の人選時点で「負けて当然」ですし。 あとは、裸城になってからの幸村たちを中心にした団結が、なんだか趨勢が決しても本土決戦までずるずるひっぱった太平洋戦争の大本営みたいで痛々しかったです。 これは狙った演出でしょうか、それとも感動すべきポイントなんでしょうか。 どちらにせよ。ここまでトータルで楽しめる作品です。