ここから本文です

俳優の伊原剛志(53)が3日、都内で落語家桂雀々(56)の独演会「雀々の逸品...

lov********さん

2016/12/412:16:47

俳優の伊原剛志(53)が3日、都内で落語家桂雀々(56)の独演会「雀々の逸品」に前座で出演し、落語家デビューした。

どう思いますか?

閲覧数:
71
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

abc********さん

2016/12/816:29:17

◯俳優の伊原剛志(53)が3日、都内で落語家桂雀々(56)の独演会「雀々の逸品」に前座で出演し、落語家デビューした。
どう思いますか?

●どうと言っても、いくら落語ブームが到来したとしても、落語家の修業は、それなりに大変です。
「見習い」「前座」「二つ目」「真打ち」「ご臨終」の5段階に分かれている、完全な縦社会です。
20歳そこそこの前座を先輩として処遇できるか難しいところです。
また、「二つ目」になるまででも6~7年はかかるそうです。
入門して、1年目で高座に上がるだけでも大変なのに、そこそこやれたとのことで、驚いています。
ただ、皆さんの評価は、「素人にしては・・・・」だと思います。
これからの修業しだいでしょうが、本気で続けるのか、二足のわらじをどうするのか、等々課題も多いと思います。
一時の人気取りのためだけにはしてほしくないですね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「桂雀々」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる