ここから本文です

『日産「ノート」30年ぶり首位! 車の常識が変わる? 11月国内販売 もう石油の時代...

blu********さん

2016/12/621:21:50

『日産「ノート」30年ぶり首位! 車の常識が変わる? 11月国内販売 もう石油の時代ではない?

』 2016/12/6


ガソリンエンジンを発電用に使い、電気モーターで駆動する。
HV車でもあり、EV車でもある?

これがHV車の主流になる?
世界初の技術で、もし次は専用エンジンを開発すれば、さらに燃費もコストも加速性能も、進化する?

もうトヨタ一強ではなくなり、トヨタと日産、久しぶりに大競争が始まる?

2030年にはEV車やFCV車が主流になっていると言われるが、
その前でも、燃費の改善で、自動車の石油消費量は、大幅に減少していく?


世界の石油消費の2大要因は、自動車と発電。
その両方で、今後、石油消費量は劇的に減少していくのでは?

もう、現近代の人類の経済/政治/戦争/歴史の主たる要因であった、石油の時代ではなくなる?



◆燃費は37.2km/L
アクアの37.0km/L超えのクラス・トップ!

◆価格
1,772,280円~2,244,240円
アクアやフィットより安い!

◆走りはEV車
駆動モーター出力最大80kW、アクアやプリウスより大きく、発進加速、中間加速性能は2.0Lターボ車を上回る!

◆航続距離は約1000km



・・・

『日産「ノート」がプリウス抜き初の首位 11月国内販売』 2016/12/6 ITメディア

「11月の国内新車販売は、日産「ノート」が初の首位。日産車としては「サニー」以来約30年ぶりにトップに立った。

11月の国内新車販売台数は、日産自動車の小型車「ノート」が前年同月比2.4倍の1万5784台となり、初の首位となった。11月初旬に一部改良し、ガソリンエンジンで発電する新パワートレイン「e-POWER」搭載モデルを追加。注目を集めた。日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、日産車が新車販売台数でトップになるのは1987年5月の「サニー」以来29年半ぶり。

自販連と全国軽自動車協会連合会が12月6日、車名別新車販売台数を発表した。

ノートのe-POWERは、ガソリンエンジンで発電し、100%モーター駆動で走行する仕組み。電気自動車のような乗り心地が人気を集めている。e-POWER搭載モデルを含む新型車は、発売後3週間で2万台以上を受注していた。

2位はホンダの軽自動車「N-BOX」。5.5%増の1万4813台だった。

トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」は2.2倍の1万3333台で3位。新型車を投入した2015年12月以降、軽自動車を除く登録車ではトップを維持してきたが、1年ぶりに首位を明け渡した。

4位は9月に発売した「ムーヴキャンバス」が好調なダイハツ工業の軽自動車「ムーヴ」。68.7%増の1万3201台だった。

トヨタの小型車「アクア」は5位だったものの伸び悩み、18.6%減の1万2409台だった。」



・・・

発電の領域では、もうすでに石油の時代ではなくなっている。

<天然ガス火力(LNG火力)の進化>

◆熱効率60%以上
(原発は30%以下)
◆出力調整が容易なので、今後急増する再生エネの出力変動を調整する能力がある
(原発にはできない。原発が残ると、その分、再生エネは拡大できなくなる)
◆100万kWの建設費=700億円、火力で最も安い。
(原発は8000億円以上、石炭火力は1000~1200億円)
◆天然ガスには中東依存は無い。シェール革命で世界中から安く安定に供給可能。

石油火力からLNG火力に転換すると、燃料費もCO2も1/2に減少する。

日本では、震災後から2020年代前半までに、約2000万kW(原発25基分)規模が建設される。

※最も石油消費量の多かった東電では、すでに、原発フル稼働だった2010年比較で2015年は1/2に激減させ、2018年までに石油消費量ゼロにする。
※日本では、震災後から2020年代前半までに、石炭火力も、約2000万kW(原発25基分)規模が建設される


<再生エネ>

2016年5月4日13時、九州では、総電力需要のなんと66%を太陽光と風力だけでまかなった。

(※ポルトガルでは、2016年5月、107時間にわたり、全国の総電力需要のなんと100%を太陽光と風力だけでまかなった。)

日本の2015年の年間総発電量に占める新エネ(主に太陽光と風力)の割合は4.7%だが、地域/季節/時間帯によっては、すでにもう主力電源になっている。

◆太陽光発電
発電コストは、中国/米国/インドではすでに火力並みになり、日照条件が日本より悪い欧州各国でも、日本の約半額にまで下がった。

※日本の太陽光、2012年7月からのたった4年間で、約3000万kWも新設/稼働開始した。2020年には6300万kW(ピーク時原発63基分)に達すると言われる。

◆陸上風力と地熱発電と水力
発電コストは、もともと火力並みかそれ以下。

◆洋上風力
高かった発電コストが、デンマークでは、5.7円/kWhとなり火力よりも大幅に安くなった。

◆バイオマス発電


<燃料電池>

◆エネファーム
発電部分の熱効率は35~50%だが、各戸で地産地消の熱電併給で熱も使えるため、総合効率では約90%にもなる。

などなど、、。


e-POWER,エネファーム,自販連,熱効率,プリウス,ノート,スカイAbe

閲覧数:
1,457
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sik********さん

2016/12/820:27:52

ハイブリッドは過渡期の車。

将来はEVと燃料電池が主役。
燃料は
風力
太陽光
太陽熱
潮流
輸入の必要が無く、そのへんにある。

再生可能エネルギーの最大の欠点が貯蔵出来ない事。
しかし、見方を代えれば貯蔵可能。
余剰電力を蓄えるのは電池だけとは限らない。
揚水式ダムは原発が利用して居たからそのまま使える。
これからは
水素に変換して貯蔵運搬<<<既に実用段階に東芝がしちまった。原発企業だぜ。
後はパナソニックや東芝を先頭に各社新型リチウム電池開発合戦の真っ最中。

20年後に化石燃料自動車は消える。
自動運転車が走り回り、接続しないで充電できるシステムが完成して居り
水素ステーションも各地に完成、
休耕田や尾根の風車で発電した電気で水素製造、ステーションで販売している
H2Oステーション。
https://www.toshiba.co.jp/tech/review/2013/07/68_07pdf/f04.pdf#sear...

明日と言う字は明るい日と書くのよ。

日本は世界をけん引する新たな技術を開発できなければ新興国に負ける。
40年前の腐れ掛けたポンコツ原発に孫やひ孫の将来を託してはいけない。

頭を切り替える。それが知恵だもんね~
電気は形を変えて「保存」出来るのです。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%BD%AE%E6%B5%81%E7%99%B...
皆で色々やってるんだ。
子供や孫の世代の為にね。

燃料は?
「そのへん」に転がってるんだな。
多摩川の堰だって発電できるんだよ。
高速や新幹線の法面でも発電可能
畑でさえ発電可能。
時代は変わるのさ、
頭の良い人が
新しい日本を作るのさ。

妨害する「利権族」排除が最大の課題。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dic********さん

2016/12/819:58:33

だから日産自動車のNOTEはノートって名前じゃなくて、もっと走りそうな名前にしたほうが売れるって何度言えば、、、!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sin********さん

2016/12/811:25:17

スカイAbeさんこそ、
バカね!
レンジエクステンダーという考えが出来ないで、EVもHVも語る資格がないワネ。

パチンコのエネルギーも回生してみたら!

原発友の会も無駄にエクステンションしないでね。(~。~)

sky********さん

2016/12/803:16:22

アホ過ぎる。おまえはアホ過ぎる!

ノートは旧型のノートにリーフのEVシステムを
後付けにしたハイブリッド車で、要するにリーフのような
EV(電気自動車)が全く売れなかったから電気自動車は
やっぱダメだね、ってゴーン社長が遅まきながらハイブリッドにしろと
指示を出して造らせたもの。だから完全な「新型車」に出来ず、
ノートのマイナーモデルチェンジという形式になったのだよ。

言ってみれば『EV(電気自動車)の敗北宣言』だ。

売れている理由も単純で、今までハイブリッド車を
買いたくてもラインナップに無い日産では買えなかったので
「やっと出た!」と飛び付いているに過ぎない。

「車の常識が変わる?」←嘲笑物の無知蒙昧!w
そんなセリフはプリウスに対して言って置くべきだったな。
今更の後出しじゃんけん車に、何の戯言だよ?(爆笑!)

アホ過ぎる。おまえはアホ過ぎる!

ノートは旧型のノートにリーフのEVシステムを...

alf********さん

2016/12/803:00:05

1.大きな流れとしては、車は、パラレルHEV→シリーズHEV→

ピュアEVの方向にシフトして行きますねえ。

2.ただし、ピュアEVが、実用領域になるには、現状の「エネルギー密度」

では不十分なので、「マグネシウム/空気電池」とか、一種のブレイクスルー

が必要です。

他でも、水素系のブレイクスルーも可能性があります。

3.社会全体のエネルギー問題と、自動車におけるエネルギー問題は、

領域の異なるマターですから、関係はあるが、同一とも言えません。

sis********さん

2016/12/717:52:11

いよいよ自動車業界も、世界の競争に負けない、クリーンでエコカーに向けて走り出しましたね。ガソリンが要らない、排気ガスもない方向へ。地球温暖化にも実に有効です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる