ここから本文です

生物の質問です (ケ)はフィードバックです 2と3の答えと解説をしていだきたい...

wasaoy1999さん

2016/12/813:41:37

生物の質問です
(ケ)はフィードバックです

2と3の答えと解説をしていだきたいです

自分なりには
2はaとb
3はcとd
だと思いました
よろしくお願いします

チロキシン,脳下垂体前葉,視床下部,甲状腺刺激ホルモン,放出ホルモン,生物,解説

閲覧数:
57
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/12/1107:53:06

(2)は a,b (3)はdが正解です。

(2)甲状腺機能低下症の(a)~(d)の各ネズミについて、正常な器官と異常な
器官を考えるとよいでしょう。
(a)視床下部:正常,脳下垂体前葉:正常,甲状腺:正常。
→ヨウ素不足でチロキシンを合成・分泌できない。
(放出ホルモン,甲状腺刺激ホルモンは正常よりも多く分泌。)
(b) 視床下部:正常,脳下垂体前葉:正常,甲状腺:異常。
→甲状腺の障害のため、チロキシンを合成・分泌できない。
(放出ホルモン,甲状腺刺激ホルモンは正常よりも多く分泌。)
(c) 視床下部:正常,脳下垂体前葉:異常,甲状腺:正常。
→脳下垂体の障害のため、甲状腺刺激ホルモンを合成・分泌できず、
その結果、チロキシンが分泌されない。
(放出ホルモンは正常よりも多く分泌。)
(d) 視床下部:異常,脳下垂体前葉:正常,甲状腺:正常。
→視床下部の障害のため、放出ホルモンを合成・分泌できず、その結果、
甲状腺刺激ホルモンやチロキシンが分泌されない。
甲状腺刺激ホルモンが正常よりも高くなるのは、チロキシンが分泌されて
いないときであるから、チロキシン合成に必要なヨウ素不足(a)か、甲状腺
の障害(b)のときである。

(3) (a)はチロキシン不足のため、すでに放出ホルモンは多量に分泌されて
おり、放出ホルモン投与の前後で甲状腺刺激ホルモンの濃度は変わらな
い。(b)もチロキシンが分泌されないため、盛んに放出ホルモンが分泌され
ており、そこにさらに放出ホルモンを投与しても、甲状腺刺激ホルモンの
濃度は変わらない。(c)は脳下垂体の障害のため、放出ホルモンを投与
しても甲状腺刺激ホルモンは合成されない。(d)は視床下部の障害の
ため、放出ホルモンが分泌されておらず、そのため甲状腺刺激ホルモ
ンの濃度は低い。そこへ放出ホルモンを投与すると、脳下垂体前葉は
正常なため甲状腺刺激ホルモンを合成して分泌するので、甲状腺刺激
ホルモンの濃度が上昇する。

「フィードバックとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。