ここから本文です

確定拠出型年金の一括受取時の退職金所得控除ついて教え下さい。 例えば、19歳~...

nlt********さん

2016/12/1112:56:59

確定拠出型年金の一括受取時の退職金所得控除ついて教え下さい。
例えば、19歳~54歳まで36年間正社員で勤めた会社を定年退職し、54歳の時に退職金を約2200万円受取ったとします。この時の退

職金所得控除は1920万くらいですよね?で、この者が、40歳~60歳までの20年間は個人型確定拠出型年金に加入し、60歳の時に一括受取をしようとした場合は再度、いくらかは、退職金所得控除は受けられるのでしょうか?(定年後54歳~60歳の間は契約社員として働く予定) 以上、分かりづらい内容で、申し訳ないですが、ご回答お願いします。

閲覧数:
427
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

末次祐治さんの画像

専門家

末次祐治さん

2016/12/1113:42:29

確定拠出型年金相談ねっと認定FPの末次ゆうじです

➀19歳~54歳まで36年間勤めた会社を定年退職場合の退職所得控除は

40万円×20年間+(70万円×16年間)=1920万円(退職所得控除額)

で(2200万ー1920万)÷2=140万円(退職所得)


➁40歳~60歳までの20年間は個人型確定拠出型年金に加入

この場合は、①で退職所得控除を使っているため重複して使えません
よって、一時金で受け取る場合の半分が退職所得になります。

ただし以下注意が必要です。

■確定拠出型年金(企業型・個人型も同じ)の場合は15年の間隔が
空いていれば再度退職所得控除が使えます
(今回の上記のケースでは15年間空いていないので使えません)

■確定拠出型年金以外の退職金(一時金、確定給付型企業年金、
中退共など)の場合は5年間の間隔があれば再度退職所得控除が
使えます

確定拠出年金は、今現在は受け取りの時期は原則60歳からですが
70歳の間までの受取を開始すればいい ということに
なっているため、退職所得控除が重複して使えない間隔が5年ですが
プラス10年で15年になっています。

よろしければご参考ください
https://wiselife.biz/fp/ysuetsugu/column/866

  • 質問者

    nlt********さん

    2016/12/1116:56:03

    ご回答ありがとうございます。 受取時に半分が退職所得になってしまうのは、最終的に、運用益が少ししかなかった時は損をする場合もありますね。で、あれば、70歳だと15年期間が空くので、一括受取であれば、70歳の時にした方が税金が少なく済むということですよね?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/12/11 18:19:34

分かり易いご回答ありがとうございました!

回答した専門家

末次祐治さんの画像

末次祐治

ファイナンシャルプランナー

確定拠出年金とライフプラン見直しのプロ

あなたの「経済的幸福度」のアップに貢献するために、 年金・保険・住宅ローン・教育資金・資産運用など 一つ一つの手段をお客様の志向に合ったライフプラン に仕上げ、トータルかつワンストップで対応。 (事業内容) ・ ファイナンシャルプランニングに関わ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる