ここから本文です

綿着物にも 単、袷のどちらもあるのですか? 同じ質問で ウール着物にも 単、袷が...

アバター

ID非公開さん

2016/12/1511:02:26

綿着物にも
単、袷のどちらもあるのですか?

同じ質問で
ウール着物にも
単、袷がありますか?

例えば
自分で縫える様になったら
単でも袷でも
縫って着るのは自由なのでしょうか?
セオリーと言うか、ルール
がよ

くわかりません

綿着物や、ウール着物を
デイリーに着たいと思っています

ご存じの方
よろしくお願い致します!

閲覧数:
229
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

2016/12/1511:30:14

どちらもありますよ。昔は、高級綿である綿薩摩やウールに、裏を付けて着る方もありました。単も、昔からもちろんありました。

ただ、現代では、木綿やウールは本当にふだん着として着られ、家で洗いたいからと選ぶ方が多うございます。ですので、裏は付けませんのが多数派と存じます。裏地を付けるということは、「丸ごと水洗いできない」ということだからです。

洋服でも、ジャケットやコートは家で水洗いしませんね。水洗いしますと天然繊維は多少縮みます。その際に表地と裏地が別布ですと、各の収縮率が異なり、ツレて形が崩れてしまうのです。


なお、袷は寒い時期、単は暑くなってきた時期にお召しになる…というのはご存じと思います。

ただし、表地が厚手ですと、冬でも袷にせず単で着られるものがあります。反物のぶ厚い木綿やウールは、昔から冬でも単で着られています(日によって気温も異なりますので、体感に合う範囲で…とお考え下さいませ)。

特に冷暖房のある現代、エアコンやオイルヒーターの無かった時代に完成形となりました着物は、すべて四角四面に同じルールで着なくとも、よろしいかと。
ただ、洋服地の薄いプリントコットンなどは、冬に単ですと寒くて無理でしょう。

アバター

質問した人からのコメント

2016/12/15 11:55:09

アンサー誠にありがとうございます!
お二方とも私の知らない知識を存分に
アドバイス下さって
これからの着物生活に役立つ情報
感謝致します
ベストアンサーなど選べない程に
有り難い御言葉ですが
今回は
最初にアンサーくださった方に
させて頂きました

また分からなくて
質問させて頂くと思いますが
その時はまたよろしくお願い致します!
お世話になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

hrh********さん

2016/12/1511:41:58

ウールや木綿は単衣仕立てが多いですけども、例えばすごく寒い時期に薄手の木綿やウールでは寒いから、袷にするとか。でも、自宅で水洗いするなら、袷にしないほうがいいです。ウール、木綿、絹いずれも水で洗うとかなり縮むので裏地がそわなくなって、袋になりやすいんです。昨今は保温性の高い薄手のインナーなどもあるので、中に着るもので調整すればいいと思うし、特段必要ないと思います。

私はウールは単衣も袷も持ってます。袷のは比較的薄手のウールの生地で、染や織の小紋です。12-2月の寒い時の街着用に袷にしました。これは自宅で洗うのは難しいから、丸洗いにだしてます。あと、軽いスーツに使うようなウール地の道中着で、裏がついてるのがありますが、これも自宅では手入れが難しいので、丸洗いにだしてます。

木綿は、一年中軽快に単衣で着るのが好きですね。
数十万もするような高級な絣の木綿などは、ごく薄い男物の木綿裏地(金巾という)をつけて袷に仕立てる方もおられますが、木綿の着物で、例えば久留米絣のようなやや厚手のものは、袷にするとかなり重くなります。木綿の着物は、下に滑りの良い裾除けをつけていても裾さばきが悪いです。だから、袷にしてさらに重くするのはおすすめしないですね。でも、例えばかなり番手が高い薄手のものを冬に着たいよというなら、袷にするほうがいいですが。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる