ここから本文です

NFLクラスでホールディングを取られるのは、対象のプレイがそのプレイの鍵を握...

アバター

ID非公開さん

2016/12/1516:52:23

NFLクラスでホールディングを取られるのは、対象のプレイがそのプレイの鍵を握るようなものの場合に限るそうです。だから、相手を掴んでいても取られないときがあるのです。

パスインターフェアは、レシーバー、ディフェンダーがパスを捕球するのを妨害する反則で、オフェンス、ディフェンスともに存在します。その基準は、オフェンス、ディフェンスのどちらのプレイヤーがパスに対して有利なポジションにいたかによります。また、パスの軌道を見なくて、レシーバー、ディフェンダーが競り合った場合も取られます。パスインターフェアの場合は妨害行為全体が駄目なので、部位は関係ありません。手であろうと足であろうとパスの捕球を妨害すればインターフェアです。
パスインターフェアと似たような反則でイリーガルコンタクトと言う反則があります。これはパス捕球に関係なく、スクリメージラインより5ヤード以上進んだ位置で、レシーバーに手で接触する反則です。
取られる場面が決まっているので、そのうち中継を見ていれば分かってくると思います。

閲覧数:
23
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

f12********さん

2016/12/1516:54:41

ご丁寧にありがとうございます(笑)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「イリーガルディフェンス」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる