ここから本文です

何故モンゴルやトルコ系の遊牧民族は、人口が少なく食料や工業の生産力即ち国力が...

ひーさん

2016/12/1522:41:15

何故モンゴルやトルコ系の遊牧民族は、人口が少なく食料や工業の生産力即ち国力が低いにも関わらず、中国やインド、中東や東欧など、人口が多く生産力もあり技術力も持つ地域を征服出来たのでし

ょうか?国力ってよりスカッドというか騎馬飼育能力の違いですか?それとも人口の全員が遊牧民で軍人みたいなもんだからでしょうか?或いは普段から南部のオアシス都市まで勢力下に置いていたからですかね?

閲覧数:
208
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mei********さん

2016/12/1622:31:22

やや視点を変えて「弓」という武器について考えてみたいと思います。

以下ウィキペティアのロングボウ(中世イギリスで使用され、欧州を席巻した長弓)についての記事ですが
「ロングボウを引くために必要な力はしばしば45kgw(100lbf)を超えたため、その習熟は困難を極めた。 イングランドでは自由農民であるヨーマンに給料を出して修練させ、その結果として弓兵の体格は左胸等が発達し左右の体型に著しい差異が生ずるほどであったといわれる。」
とあり、弓矢を使いこなすには非常に長い時間と訓練を必要とされたのです。このあたりの事情は日本でも変わらず、弓を自在に扱えるのは生まれながらに武士の家に生まれ幼少期より英才教育を施された本物の武士階級に限定されていました。

こうした弓の問題を解消するため、「弩(クロスボウ)」という武器が中国あたりで考案されます。ボウガンなどとも呼ばれる機械式の弓ですね。
これは威力が大きく訓練も多くは必要ないため、訓練不足の農民をかき集めて使わせるのにはある程度効果があったのですが、とにかく連射ができないという致命的な欠陥がありました。弓に比べて弩は連射速度が7分の1とも言われ、訓練の行き届いた弓部隊と打ち合いになると勝負になりませんでした。

長くなりましたが、農耕民族にとって弓とは一部のエリート戦士階級のみが扱うことのできる、特別な武器だったわけです。

これに対して遊牧民は誰もが自在に弓を扱うことができました。遊牧民は同時に有力な狩猟民族という側面を持ち、子供の頃から馬と同様弓矢の扱いにも習熟していました。農耕民族が稲や麦の栽培方法や他畑を耕す事を親が子に教えるように、遊牧民族では父が子に弓の使い方を教えていたのです。結果、遊牧民族は全国民が、農耕民族のエリート戦士を凌ぐ弓の名手だったのです。

弓を放つこともできない農民をいくら駆り集めても戦力としてはたかがしれています。一方遊牧民は全軍が弓の名手であるというだけでなく、それを馬を疾走させながら放つことができました。彼らは子供の頃から素早い野兎や野鳥を馬上から仕留めてきた者たちであり、農耕民の兵士とは天地ほども戦闘力に差があったわけです。

農耕民族が遊牧民に対して軍事的に優位に立つには鉄砲、即ち狙いをつけて引き金を引けば敵を殺せる、というシンプル極まる(訓練が多くは必要ない)武器が戦場の主役に躍り出るのを待たざるをえませんでした。

因みに、弓そのものの性能も農耕民族のそれより遊牧民のものの方が遥かに高性能であった、というのも余談ながら追加させてもらいます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ton********さん

2016/12/2113:20:28

意外と簡単

神出鬼没で捕まらないから

モンゴル弓騎兵は一方的に攻撃して逃げる

相手は一方的に攻められるだけ

チンギスハンの墓がいまだに見つかっていないぐらい

お化けみたいな連中相手にみんな勝てなかった

住所不定の泥棒を捕まえようにも捕まえられないのと同じ

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2016/12/1523:08:48

やっぱり遊牧民族は普段から老いも若きも馬を乗りこなし、いわば準軍事教練下のような生活をしているからでしょうね。
それとハングリー精神。定住していないから定まった量の少量を確保するのが難しい。ならば農耕民族から略奪しちゃえ、なんだけどそれには部族一丸になって強兵でないと話になりません。

でも遊牧民族、騎馬民族はその性質上短期決戦には強いけど長く戦い続けると次第にダレて来るみたいですね。中国を制した北方遊牧民もだんだん中国文化の影響を受けてそれまでの勇猛な牙が抜け落ちていくのがパターンですから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる