ここから本文です

ロットの考え方ががわかりません。

ksj********さん

2016/12/1806:24:38

ロットの考え方ががわかりません。

辞書では「同じ条件のもとに製造する製品の、生産・出荷の最小単位」らしいのですが

ロットと期限のある原材料から、手順書に沿って手作りで、一度に1個ずつ作る場合は

①原材料のロットが異なった時点でロットを変える
②一個一個ロットが違う
③むしろどちらかは自分で決めるもの
どちらでしょう。

こういったことを勉強できる資料はありますでしょうか?

閲覧数:
225
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/12/1806:42:02

ロットの定義は、製造者の考え方と設備のキャパで決まります。例えば、食べ物として、工場でレトルトスープを作るとします。そのレトルトスープを作る製造ラインでは、最低でも500kg単位で原料を仕込まないといけないとします。すると、この500kgが最低の製造ロット条件…ということになりますよね?
しかし、例えばその製造に使用する釜に1度に仕込める最大キャパは2トンだとします。そして、人件費を考えると、500kg単位では、採算が合わないとします。売れる商品なら2トン作って、採算が合うようにしたいですよね?その場合は、ロットの定義は2トンになります。
さらにさらに、使っている原料のロットの事情で決まる場合もあります。例えば、メイン原料の最低仕入条件が500kgとします。その場合、その配合に合わせた製造数量が、ロットの定義になりますよね?
さらにさらにさらに!食べ物の場合は、製造した製品の衛生分析を行うことが基本になっています。例えば、検査頻度に関して、製品500食あたりに1回分析する工場があるとしたら、分析ロットは500食ですよね?でも、分析頻度をあげて200食毎になれば、200が分析ロットになります。

このように、ロットというのは、様々な条件・視点によって、変わるのです。それは、製造者の判断で決まります。

質問した人からのコメント

2016/12/18 17:31:52

みなさんありがとうございます。
大変理解できました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dai********さん

2016/12/1811:38:29

>手順書に沿って手作りで、一度に1個ずつ作る場合

σ(-_-;)は、どのつく素人だけど、「一個一個手作り」という場面に「製造観点」のロット管理はできないんじゃないかと思うのだけど・・・
定義に「生産/出荷の‟最小単位”」って言ってるのだから、「一度に1個ずつ手作り」の「生産の最小単位」は、『一個』じゃないかな。

なので、原材料のロットと製造ロットは別々のロット管理になるのでは。
この場面では、原材料ロット+手順書バージョンロットと個々製造番号っていう分離をするべきではないかと思いますが。

ってか、ロットでどういう管理をしたいか・・・では?

ooo********さん

2016/12/1808:13:40

材料ロット、製造ロットで区別を付けることもあります

同じロットの材料でも作る日にちが変われば製造ロットを変える

ロット管理するなら書類上できちんとに残しておく必要もありますね

材料が違うロットのものを使っても同じ製造ロットで作ったなら何を使ったかが必要になってくることもあるでしょうから

yam********さん

2016/12/1806:35:50

③ロットの定義を自分で決めて、その決まりに従う。

天候に左右されるようなものであれば、気温や湿度、気圧などが変われば別ロット。

勉強というより、常識の範疇だね。

要因と結果。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる