ここから本文です

新米の経理です。こども手当・扶養について教えてください。

ker********さん

2016/12/2211:06:41

新米の経理です。こども手当・扶養について教えてください。

子ども手当は、15歳到達後の最初の3月までということですが、会社の経理の者は、社員のお子さんの生年月日を記憶しておくということでしょうか。「今月で子ども手当終了です」みたいなお知らせは、どこからも来ませんよね?
子ども手当終了と同時に(15歳到達後の最初の4月から)所得税は、扶養人数を一人プラスするということで良いのでしょうか。
新米なもので、とんちんかんな質問ですみません。

閲覧数:
63
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yom********さん

2016/12/2212:35:43

う~ん。
従業員の所得税を計算する上で、特に従業員の家族の構成や生年月日などを記憶しておく必要はないと思います。
A:年末調整の前に、
従業員から「平成28年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「平成28年分給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」を提出をしてもらっていると思いますから、ここに記載されている扶養親族の名前や年齢やその人の状態(高齢?障害?)や所得の見積額から、所得控除の額の判断をしましょう。
こども手当(今は児童手当といいます)は、
会社が支給するものでもなく、所得税にも関係しませんから、会社は何もする必要はありません。強いていえば、「平成28年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の最下段にある「住民税に関する事項」に名前が書いてあるかどうかを確認するだけです。
年齢の判断は、
12月31日の状態で決まりますから、12月31日までに16歳になっていれば、扶養控除の対象です。特定(19歳以上23歳未満)や老人(70歳以上)も同じです。
B:年初(又は年末)に、
従業員から「平成29年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出してもらいますが、ここに記載されている内容で、平成29年の1月から支給する給料から天引きする所得税(源泉徴収税)の額を決めます。
もちろん、平成29年中に16歳になる子どもがいる人に対しては、「扶養親族」の欄に名前を書いてもらいましょう。そして、最初(1月支給分)から扶養人数の数を増やしておきます。
逆に、平成29年中に配偶者や子どもが働きに出て、扶養から外れる予定のある人に対しては、最初(1月支給分)から扶養人数を減らしておきます。
余計な話かもしれませんが、
扶養親族の数については、間違いやすいですから、単に毎年の申告書に記載されている内容から、機械的に処理をするのではなく、前年の従業員の申告内容と今年の申告内容を比較して、記載内容に食い違いがあれば本人に問い合わせるなどをして、事前に修正ができれば、後から税金の修正(追徴)をする必要がなくなって、喜ばれるかもしれませんね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる