ここから本文です

SSTCを作る際、一次コイルの巻き数を調節するのはなぜですか? 共振周波数に近...

csd********さん

2016/12/2219:06:59

SSTCを作る際、一次コイルの巻き数を調節するのはなぜですか?

共振周波数に近づけるために一次コイルの巻き数を変えるのですか?

アンテナやCTでフィードバックするものであれば自動的に

共振周波数に合わせられるそうなので、一次コイルの巻き数を変える必要は無いように思えるのですが、違うのでしょうか?

閲覧数:
114
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

JA10QRZさん

2016/12/2310:01:33

SSTCの実験をしたことがないので、想像でいいます。共振周波数が低いのでしょう。数十キロ程度。しかも、変圧比を上げるために、一次と二次の巻数比が極端に大きい。従って一次側の巻き数は、大きくできないので、共振回路のキャパシタの容量が大きくなり、連続可変が困難。そこで、手っ取り早いのが、巻き数を変えることになるのでは。
あなたのいうフィードバックによる共振数波数の制御には、周波数弁別回路か位相制御および可変リアクタンス回路が必要になり、実現はかなり困難になりそうです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる