ここから本文です

健康保険の同月得喪について。

yuj********さん

2016/12/2703:45:15

健康保険の同月得喪について。

11月30日に前の会社を退職し、今の会社に12月16日に就職し、
22日に健康保険の資格取得年月日が平成28年12月16日と書かれた健康保険被保険者資格証明書という、
正式の保険証が発行される前の仮の保険証をいただきました。

その前に、就職は決まっていたけれど、早く保険証が必要なこともあり、念のため、12/5に協会けんぽに健康保険の任意継続の申し込みをし、
23日、保険証が送られてきました。(保険料の支払期限は1月10日です。)

そこで、12月の保険料は今の会社で控除されるはずだから、協会けんぽの方は払う必要がないと思ってたのですが、よく読んでみると、同月得喪の場合は2重に払わなければならないと書かれていたので、
この場合、申請してしまった時点でけんぽに払わないといけなくなるんでしょうか?放っておいたら、国民健康保険の方から請求が来るんでしょうか?

また、違う箇所にですが、納付期限までに納付しなかったときも資格喪失になる、と書かれていたので、払わなければスルーされるものなのでしょうか?

けんぽに問い合わせしようかと思いましたが、自分のとこが損になる言い方はしないだろうと思い、
こちらに質問させていただきました。
ご存知の方、よろしくお願いします。

閲覧数:
1,210
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hou********さん

編集あり2016/12/2716:58:29

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/T11/T11HO070.html
「3条4項:この法律において「任意継続被保険者」とは、適用事業所に使用されなくなったため、又は第一項ただし書に該当するに至ったため被保険者(日雇特例被保険者を除く。)の資格を喪失した者であって、喪失の日の前日まで継続して二月以上被保険者(日雇特例被保険者、任意継続被保険者又は共済組合の組合員である被保険者を除く。)であったもののうち、保険者に申し出て、継続して当該保険者の被保険者となった者をいう。ただし、船員保険の被保険者又は後期高齢者医療の被保険者等である者は、この限りでない。」
「37条:第三条第四項の申出をした者が、初めて納付すべき保険料をその納付期日までに納付しなかったときは、同項の規定にかかわらず、その者は、任意継続被保険者とならなかったものとみなす。ただし、その納付の遅延について正当な理由があると保険者が認めたときは、この限りでない。」

3条4項は
「任意継続にするという申し出」
です。
37条は
「初回保険料を初回期日までに払わなかったら、任意継続にならなかったことになる」
という内容です。

このまま支払わないで
「任意継続にならなかったこと」
にしたほうがオトクだと思います。

  • 質問者

    yuj********さん

    2016/12/2900:14:27

    みなさんありがとうございました。

    私も書いてなかったことなのですが、特殊な例になるのかもしれませんが、
    思い出してみたら、12/1~12/15までの間に歯科に3回かかっていて、
    馴染みの歯医者だったので、保険証は今手続き中なんです、と言って3割負担にしてくれてたんで、ここで回答していただいたどの例でもないと思い、
    結局協会けんぽに問い合わせをしてみました。
    その歯科で全額払うのと、保険料を払って3割払うのとで、安い方を選んでもらったらいけますよ、とのことでした。
    全額を払うことにする場合、”資格取得を取り消します”とメモを書いて保険証と払込書を返送してください、とのことでした。
    私は全額払う方が安かったので、全額払って、保険証を返送しました。
    ただ、医者にかからなかったら支払わないでOKということでした。
    勉強になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sui********さん

2016/12/2710:58:31

>この場合、申請してしまった時点でけんぽに払わないといけなくなるんでしょうか?

そうです支払わなければなりません。
下記をご覧ください社労士さんのサイトです。

http://www.t-hrm.com/blog/2014/02/entry_967/

『任意継続被保険者の喪失』の項の6行目に『※その月に任意継続を取得し喪失する場合(同月得喪)は保険料1か月分を納付しなければなりません。』とあります。

同月得喪は任意継続の場合でも適用されます、ですから12月分は重複して支払うことになります。

>放っておいたら、国民健康保険の方から請求が来るんでしょうか?

国民健康保険は関係ないでしょう。
国民健康保険の手続きをしたのですか?
そのような記載は質問文中にないようですが?

>また、違う箇所にですが、納付期限までに納付しなかったときも資格喪失になる、と書かれていたので、払わなければスルーされるものなのでしょうか?

資格喪失になるということは任意継続の手続き自体をしなかったということではありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2016/12/2709:34:41

1.難しく考える必要はありません。
2.時系列で整理いたします。
・前勤務先の健康保険被保険者証・本人(被保険者)の有効期限=11月30日(当日を含む)→社会保険料(厚生年金&健康保険)=11月分迄、給与から徴収
・任意継続被保険者制度の被保険者証の有効期限=退職日の翌日12/1から12/15迄(当日を含む)
・新勤務先の健康保険被保険者証・本人(被保険者)の有効期限=12/16~→社会保険料(厚生年金&健康保険)は12月分から徴収
3.これをご理解いただけるものと思いますので、速やかに、任意継続被保険者制度を解約すると共に被保険者証をご返却下さい。12月分の保険料は請求されません。
以上

kaz********さん

2016/12/2706:45:35

同月得喪というのは会社ごとの異動で起こる保険料の重複です。
任意継続の場合は通常の会社の社会保険が優先されます
今月任意を払うと返金扱いになります。
脳期限までに任意継続の保険料は払わなければ当初から入らない
ことになるので保険証だけ返納すればいいです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる