ここから本文です

鉄道による貨物輸送/荷物輸送につき

yma********さん

2008/5/3023:25:19

鉄道による貨物輸送/荷物輸送につき

日本国有鉄道(国鉄)時代には色々な貨車や荷物車があって, 貨物列車や荷物列車は見るのが楽しみでもありましたが, トラックに押されたとは言うもののどうしてジリ貧になっていったのでしょう?

又この事業を1987年から受け継いだ現在の日本貨物鉄道(JR貨物)は, 今どのような状況なのか皆さん教えてくれませんか?

鉄道ファンの人たちも交えて議論したいんですが--。

閲覧数:
584
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nfj********さん

2008/5/3023:54:56

だったらここに賛助会員として入会してみては??
時刻表の割引販売や月報が送られてきますよ。

http://www.rfa.or.jp/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s-morinagaさん

2008/6/613:51:44

ジリ貧には色々な理由が有ると思いますが、顧客ニーズに応えた輸送(戸口から戸口への配送、出荷・到着日時の柔軟な変更)を国鉄がしなかった(出来なかった)のが最大の理由と思います。

まず鉄道は、線路の上しか走れない以上、小口・多頻度輸送は苦手です。一方トラックは、目的地から目的地まで積み替え無しに直行できる、しかも出発・到着日時や便数の調整が自由自在に出来ます。このため、トラックの普及・道路の整備につれて、鉄道利用は急速に減りました。(しかも国鉄はトラック事業がなく(日通など通運業者がやっていた)、一貫輸送事業が出来なかった)
何とか競争についていく為、コンテナ輸送に特化する事にしましたが、これとてトラックとの積替えは避けられず、しかも日本は狭い(長距離輸送が少ない)事もあり、トラックによる直送と比較して、時間面・費用面のメリットが出にくい構造になってます。

他方、鉄道の得意な大口・単品種輸送(例えば、石油・石炭・石灰石・・・)は、国内の炭鉱が大幅に減ったこと、工業地帯が臨海地域に集中してる事から、船舶輸送と比較して鉄道の優位が出しにくく、これまた衰退しました・・・

JR貨物発足直後は、バブル景気+青函トンネル等の開通によるスピードアップもあり、業績が伸びました。
しかしバブル崩壊と景気落ち込みにより、輸送量は頭打ちになっています。
近年はCO2削減に向けたモーダルシフトの動きもあり、需要が回復しているようですが、今度は『スジ(ダイヤ)を確保出来ない』という悩みが出てきています。線路の持ち主はJR旅客会社なので、荷主やJR貨物の要望する時間帯のスジをそのまま確保できるとは限りません。昼間、新快速や特急の間を縫って貨物列車を走らせるのは困難な事です。ましてやラッシュ時など絶望的です。それらの時間を避けて走らせようとすると、列車本数はどうしても限られてしまうのです。

もう一つ、鉄道貨物が伸び悩んでる理由として、『定時性・品質などが、トラックなどに比べて劣る』と言うものがあります。
渋滞のない専用線路を走る鉄道の方が一見有利に見えますが、逆に一度事故が起こると迂回する事が非常に難しい為『いつ到着するか分からない』事態になります。特に大災害時は旅客や緊急物資輸送が優先されるため、何日も遅れることがあります。 逆にトラックは、代わりの道路が幾らでもあるので、遅れたとしても知れてます。(他にも、遅れ回復の為の無茶な(違法)行為が出来る、というのもあります)
こうなると、荷主としては『トラック輸送のほうが信頼性がある』という判断になるのです。

また、鉄道は振動が激しく、荷が痛み易いようです。

cho********さん

2008/5/3108:27:50

JR貨物は、旧国鉄の貨物輸送を引き継いでいますが、荷物郵送引き継いでいません。
荷物輸送(手荷物、小荷物)は、国鉄時代に廃止になりました。

hia********さん

2008/5/3100:55:21

調べた訳ではありませんが、
貨物だけという事ではなく、国鉄自体が交通業界の変化に危機意識を持たなかった事、
他の交通機関が効率化を図って値下げを戦略にした時代に、赤字解消のための値上げしか考えなかった、
この辺が利用客離れを招いた原因でしょう。

コンテナ輸送も以前からありましたが、鉄道へ積むまで、また鉄道から
届け先までのシステムが効率化されなかった事もジリ貧になった要因でしょう。
「戸口から戸口へ」のコピーは今のコンテナには書いてありませんが、これが逆説的に意味している
鉄道貨物が大量輸送に有利な反面、荷物の集配に鉄道以外の手段が必要だという
弱点も原因だったのでしょう。

現在の貨物輸送では総合的にはトラック輸送が圧倒的にシェアが大きいと思います。
でもトラックで運べない(サイズや危険性や、一般道路が利用しにくい条件がある)荷物は
鉄道で運ばなければならないだろうし(船便もありますがその辺は置いときます)
やはり大量の荷物を同時に輸送するなら鉄道の方が便利な場合もあるでしょう。
以外と住み分けが出来ているのかもしれません。

tas********さん

編集あり2008/5/3100:46:37

衰退した原因としてはストで荷主の信用を失ったこと、
慢性的な赤字で国鉄の分割民営化により大幅に廃止になったことが
主な原因としてよく聞く話ですが、背景として輸送の多様化が大きな原因とも考えます。
例えば殿様商売だった郵便小包に立ち向かったヤマト運輸や
コンビニなどの普及によって、小ロットやより決め細やかな輸送が主流になったため
旧態依然のままの小口の鉄道貨物が競争力を失ったためであると考えられます。

近年はエコ意識の高まりや原油高などの背景もあり、いくらかは持ち直しているようです
http://kyushu.yomiuri.co.jp/entame/railway/news/0801/ne_801_0801260...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる