ここから本文です

約2年ほど前に大きな手術を行い術後20日間くらい麻酔で眠らされてる間に脳梗塞を発...

ayua_1_7_tmtさん

2017/1/221:02:59

約2年ほど前に大きな手術を行い術後20日間くらい麻酔で眠らされてる間に脳梗塞を発症し現在、右半身麻痺と右目の視野欠損、複視に苦労しております。
右足に関してはリハビリの成果もあり、杖

を使って遅い速度での歩行は可能になりました。右手でに関しては動くことはできて、少し握ったり指折りはできますが機能という意味では使えません。物を持つ、固定や作業などは厳しいです。
一番深刻なのが目の状態です。右目の視野欠損と片眼で見れば大丈夫ですが両眼で見ると二重になります。
元々は内部障害があり、いろいろなクスリを服用しております。
この一番深刻な目の障害を治療できるお勧めの病院や治療方法など小さな情報でも頂けると助かります。
ちなみに私は34歳の男性です。
脳梗塞の影響で仕事も退職し、一日を自宅でしか過ごせない状況です。既婚者でもあり、社会復帰のために右足、右手のリハビリは行っていますが目に関してだけは何もできていない状態です。
宜しくお願いします。

補足ちなみに私は宮城県在住です。移植手術を受けました。

閲覧数:
187
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dog_jun_3846さん

2017/1/322:43:38

2015年9月に脳出血になり、退院後「脳出血リハビリ記録」と言うサイトを立ち上げた物ですが、
http://xn--mdki1ec0343bnh9cblk9rdf10a.net/

視野障害に対するリハビリとして2つご紹介いたします。

1)コンピューター化視野訓練装置によるリハビリ
元は、促通反復療法(川平法)のようで、2007年には症例が出ています。

症例:35 歳,男性,歯科技工士.
診断:右後頭葉出血.
主訴:ものの見え方がおかしい.
既往歴:高血圧.
現病歴:2006 年 1 月,麻痺等はなかったが,左側を
見落とすことに気付いた.脳神経外科を受診し,右後
頭葉出血の診断で保存的治療を受けた.発症時の左同
名性半盲は徐々に左下四分盲まで改善したので,発症
後 1 カ月で退院して職場復帰した.しかし,歯科技工
士の細かな作業で遠近感がつかめず,また,精密なモ
デル作製ができないため退職した.2006 年 3 月に視野
欠損へのリハ目的で当院に入院した.・・・・・

こちらの病院で実施:特定医療法人 順和 長尾病院
http://nagao.or.jp/patient/rehabilitation3.php
その他、鹿児島大学病院と沖縄リハビリテーションセンター病院がやっていると思われますが、事前に確認をしてください。

2)ヒデミック式視力回復トレーニング
http://www.hidemic.net/contents07.html

ブログで試す人がいるし、自身、書籍も出しているほどです。
書籍は、「ヒデミック式視力回復法で老眼・近視がぐんぐんよくなる!/篠田秀美」です。


※1)は、信頼性は良いのですが、実施している病院が限られているので、地域的に難しいものがあるのが欠点です。
2)は、自分の成功事例のみなので、信頼性的には「?」ですが、書籍のみあればトレーニングできそうです。

質問した人からのコメント

2017/1/6 10:51:30

長々とご説明ありがとうございます。
早速、本のほうはAmazonで注文してみました。
到着後、実践してみます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chinganrinmuさん

2017/1/221:21:23

どこにお住まいか、経済的にどうかなどもわかりませんが。
まだ若いのに、病気が多いというのは、体質から全体を改善しなければどうしようもないですよ。
交流磁気治療とか、電位治療が出来たらいいと思うのだけれど。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。