ここから本文です

中国がトランプ次期大統領を威嚇するために南シナ海で空母を持ってきて牽制してい...

アバター

ID非公開さん

2017/1/320:37:53

中国がトランプ次期大統領を威嚇するために南シナ海で空母を持ってきて牽制していると記事で読みました。

そして、南シナ海を支配していた米国の時代は終わったと報道したらしいのですが、これは米国に宣戦布告をしたということでしょうか?

このまま、中国vs米国になるのでしょうか?
また、米国と険悪なロシアが中国に加担して中国&ロシアvs米国になる可能性はあるのでしょうか?

とてもわかりやすい回答をしてくれた方をベストアンサーにさせて頂きます。
また、アカウントを変えて長文を送ってくる人がいるのですがその人は回答を控えてくれると嬉しいです。

閲覧数:
129
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zer********さん

2017/1/611:11:50

太平洋の9割を支配下においてる米軍に、太平洋どころかシナ海の半分くらいもまともに支配できていない中国が威嚇?

米中の戦力差を知ってれば笑い話にもなりません

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bas********さん

2017/1/411:51:39

現段階では、宣戦布告ではないでしょう。冒頭で仰っている通り、「牽制」したのでしょう。力を誇示する事によって。

中国も、アメリカとの直接対決、全面戦争は、まあいざとなれば何をしでかすかは分かりませんが、出来れば極力避けたいのが本音でしょう。

「太平洋は十分に広い、アメリカと中国で二分しましょう、ハワイからそっちはアメリカさんでどうぞ、こっち側はうちで好きにさせて貰います。お互いに不干渉でいきましょうや」

というのが本来の願望の様です。

トランプ大統領就任により、米露関係は少なくともこれまでよりは改善に向かうと見ています。中国とロシアの関係も、決して信頼関係で結ばれているわけではないと思います。ロシアもしたたかな国ですし、ころっと手の平を返す・・・まではいかなくても、いざとなれば傍観を決め込むと思います。アメリカを敵に回してまで、中国を手助けする義理もメリットも無いでしょう。

lov********さん

2017/1/410:58:35

100パーセントなりませんね。
一つ、中国はアメリカに勝つ可能性がないと言うことわかっているから。
もう一つ、アメリカは中国と戦争しても、利益がありませんよ。
ロシアは今自分の面倒を見るだけで、もう大変だ。中国の味方になる可能性がない。

f51********さん

2017/1/321:46:23

ロシアはシリアで制海権があっても空母運用に苦労してるみたいだから
今の中華にいか程の空母運用能力が有るかは?です。

日本は第二絶対国防圏を設定してシーレーン確保が大事かなw

ong********さん

2017/1/320:50:01

喧嘩は売られた喧嘩は最高値で買う。それがアメリカの歴史です。

nek********さん

2017/1/320:49:03

狙ってやったのかは不明だけどトランプ次期大統領の勝ちだね…(中国は日本・インド・東南アジア・スリランカ・オーストラリア等々に警戒心を抱かせただけだからね)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる