ここから本文です

カセットコンロの話!(^^)! 30年近く毎日使用していたカセットコンロを買い換...

たいちょう(北 星斗)さん

2017/1/420:31:35

カセットコンロの話!(^^)!


30年近く毎日使用していたカセットコンロを買い換えました。

CB-JRC-PS-R/Gというモデルです。

http://www.i-cg.jp/product/konro/cb-jrc-ps/

通常のサイズよりコンパクトでよくみると

◾最大発熱量:1.86kW(1,600kcal/h)と通常のサイズの半分しかありません。



実際に使用してみると見た目火力が弱弱しく見えて失敗したー(;_;)/~~~

ように思えたのですが現実は逆!


これまで沸かすのに20分近く掛かっていた4リットルのヤカンの水は5分もしないうちに沸騰しますし焼きそばを作ってもこれまでなかなか火が通らなかったのにあっという間に焦げてきます


通常ガスボンベのガスが燃焼するだけだから同じだと思っていたのですが

コンロでこれほどまでに性能が違うものなのでしょうか?


どういう技術なのでしょう?


通常サイズのガスコンロは最大発熱量がこれの倍って事はもっと強力なんですよね~



驚きました('ω')ノ

閲覧数:
132
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cb1********さん

2017/1/706:18:54

カタログに記載された最大発熱量とは、燃えるガスの量(時間当たりのガスの消費量)で決まるだけです。
生じる熱が効率的に伝わるかどうかは関係ありません。

質問者さんが感じた性能差は、主に二つの要因が考えられます。

1.性能の向上など
質問者さんが貼り付けたIwataniのHP記事に掲載されているように、購入したコンロは「ムダ火抑制タテ型炎口バーナー」ですから、30年前の製品よりも生じた熱を効率よく伝えるバーナー形状となっています。
また、液化ガスの燃焼による温度低下で蒸気圧が下がって火力が落ちるドロップダウンを防ぐ機構であるヒートパネルが装着されています(http://www.i-cg.jp/product/konro/safety/)。30年前の製品には、そんな機能はありません。

2.経年変化など
バーナーヘッドはだんだん錆びてきます。30年も経過すればガスの流出量が少なくなるでしょうね。
上記1で記載したように、ドロップダウンによる火力低下もあります。

質問した人からのコメント

2017/1/7 07:19:35

その通りだと思いました。

わかり易い説明ありがとうございました。(*´▽`*)


他の回答者の方もご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

u1_oさん

2017/1/508:25:04

10年い昔、カセットコンロも改良がなされてきています。

最近ではマグネット式、ヒート盤、安全装置と改良されてきています。

私はボー派、4.1kwですね。

カセットコンロは風と低温、
http://www.iwatani-i-collect.com/guide/faq.php#f1_02


様々相談に乗って頂けます。
自己責任で可笑しな使い方迄実践しますが、安全面ではお勧め出来ません。

燃焼室でのデーターは参考にはなりますが、使用環境と容器形状でも変化はあるでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる